ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.5.8[チーム]

2021明治安田生命J1 第13節 ●0-2 川崎F@パナスタ

一つ後のニュース

前節、アウェイでリモートマッチ開催となった大阪ダービーでは、先制点を許しながらもパトリックのPKによる得点でしぶとく追い付き勝点1を獲得したガンバ。敵地での勝点1をきっかけに上昇気流を掴みたい今節はホームに戻り再びリモートマッチを戦う。迎える相手はここまで首位を独走する川崎F。昨シーズンからリーグ戦、天皇杯決勝、FUJI XEROX SUPER CUP 2021と4度に渡り敗れている相手に対して、宇佐美は「難しい試合にはなるが、それだけのチーム力を持った相手。いい挑戦だと思って全力でぶつかりたい。」と気合いを漲らせる。ホームで昨年7月以来のリモートマッチを戦うこの試合、宮本監督は前節からスタメンを3人変更。右サイドバックに佐藤、アンカーに奥野、そしてFWには今季初先発となる一美を起用し、前節に続き攻撃的な4-3-3のシステムで首位・川崎Fに挑む。

試合は9分、ガンバが敵陣でボールを奪うと、ショートカウンターを仕掛ける。宇佐美がペナルティエリア左から左足で強烈なシュートを放つも、このシュートは惜しくも枠の外へ外れてしまう。対する川崎Fも徐々にボール支配率を高めると20分、CKの場面。脇坂のキックをファーサイドでジョアン シミッチが頭で合わせるが、これは東口がスーパーセーブでクリア。その後は両チーム主導権を握りあう展開に。ボールを握る川崎Fに対して、ガンバも少ないチャンスを活かし、ゴールを目指す。しかし、地力に勝る川崎Fが徐々に攻勢を強めると41分だった。脇坂のスルーパスに反応した長谷川がペナルティエリア内に侵入すると、最後はゴール前で待ち構えたレアンドロ ダミアンに押し込まれる。ゴール前で冷静にこぼれ球に反応したレアンドロ ダミアンに左足でシュートを突き刺され、この試合の先制ゴールを挙げたのは川崎F。またしても追いかける展開となったガンバは45分、黒川のクロスにレアンドロ ペレイラが頭で合わせるが、シュートは枠の上へ。0-1と川崎Fリードで前半を終え、ハーフタイムへ。

ハーフタイムに宮本監督は「必ずチャンスは来る。そこを決めきろう。」と指示を送り、前半と同じメンバーで後半に臨む。後半になっても攻勢に出る川崎Fは51分、脇坂の強烈なシュートはクロスバーを叩く。直後の52分、FKから最後は長谷川にシュートを放たれるが、これは東口がしっかりとキャッチ。58分、右サイドのクロスにレアンドロ ダミアンが頭で合わせる。叩きつけるヘディングシュートは東口がキャッチ。64分、1点を追いかけるガンバは左サイドの黒川を起点に反撃に出る。黒川が左サイドを突破し、ペナルティエリア内に侵入するが、しかしここは相手DFに阻まれ決定機を生み出すことはできない。66分、相手ペナルティエリア付近で細かくパスを繋ぐと、最後は宇佐美が左足で強烈なシュート放つ。鋭いシュートがゴールマウスを捉えるが、チョン ソンリョンに右足で防がれ、ゴールを割ることはできない。この時間帯、パスワークでリズムを生み出すが、70分。川崎F鬼木監督がこのタイミングでこの日最初の選手交代を行う。ジョアン シミッチと長谷川を下げ、登里とこの日ベンチスタートとなっていた三笘を投入。一方、ガンバも山本と井手口を下げ、倉田と矢島を投入。インサイドハーフの2選手をスイッチし、こちらは攻撃的なギアを上げたい宮本監督。72分、一美のカットインからのシュートはチョン ソンリョンが正面でキャッチ。リズムが生まれそうな時間帯に得点を奪えないでいると、今度は川崎Fが交代出場の2選手が絡みチャンスメイク。76分、登里のスルーパスを受けた三笘が自慢のスピードを活かして、佐藤を振り切る。ペナルティエリア左から右足でファーサイドへ狙い澄ましたシュートを放つ。東口が反応するも、指先をかすめたシュートがサイドネットへ収まると、川崎Fに追加点が生まれ0-2とリードを2点に広げられてしまう。後がなくなったガンバは80分、一美、レアンドロ ペレイラ、宇佐美に代え、パトリック、チアゴ アウベス、チュ セジョンを投入する3枚替え。より前線から相手にプレッシャーをかけながら、得点を目指す。85分、奥野がペナルティエリア手前の中央からミドルシュートを放つが、しかしこのシュートは枠の上へ。2点のリードをキープする川崎Fは87分、脇坂とレアンドロ ダミアンを下げ、塚川と知念を投入し、そのまま試合をクローズさせに来る。ホームで意地を見せたいガンバは89分、黒川の左サイドからのクロスに中央でパトリックがヘディングで合わせるも、シュートは枠の左へ外れてしまい、ゴールを奪うことはできない。そのまま0-2でタイムアップを迎え、ホームでの今季初勝利を挙げることはできなかった。