ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

2019.8.18[チーム]

2019明治安田生命J1 第23節 △1-1 磐田@パナスタ

一つ後のニュース

天皇杯での敗戦のショックから中3日。
下を向く間もなく迎えたリーグ戦第23節はホーム・パナスタに磐田を迎え撃った。
この試合はGAMBA EXPO 2019と題して、木梨憲武氏デザインのオリジナルユニフォームを着用。3万7千人を超える満員の観衆の中で試合に臨んだ。

試合のスタメンにはガンバ大阪はパトリック、遠藤、鈴木、髙江が名を連ね、そして磐田は昨年までガンバ大阪に所属していたファビオがスタートから出場し、この夏ガンバ大阪から移籍した今野がベンチ入りした。

立ち上がりは磐田のペース。
インターセプトからシュートを許す場面、ゴール前へのクロスのこぼれ球を拾われシュートを打たれ自陣に押し込まれる。
しかし守勢に回っていた12分と15分。磐田・ルキアンがイエローカードを立て続けにもらい退場。ガンバにとって試合序盤にまたとなく優勢に傾く。

数的優位となったガンバは17分。宇佐美が敵陣中央から右サイドに展開。
それを受けた小野瀬が右サイド深くからゴール前へクロスを送り、ペナルティエリア内のパトリックが頭で合わせるも、これは相手GKにパンチングされゴールは割れない。

29分にはパトリックのポストプレーでタメを作り右サイドに展開。
パスを受けた小野瀬がドリブルで駆けあがりカットインから左足でシュートを放つが枠外へ。
ゴールは割れないが、この日は小野瀬が右サイドで存在感を示す。

すると迎えた44分。
その小野瀬が右サイドから左足でゴール前に送ったクロスがそのままゴールに吸い込まれ先制。1-0で試合を折り返す。

両チーム交代なくガンバ1点リードで始まった後半は、数的優位のガンバが終始ボールを握りながら攻め込む展開。最終ラインのヨングォン、そして遠藤が前線へボールを供給し攻撃を組み立てる。

カウンター狙いの磐田もセカンドボールから攻めに転じようとするが、三浦が相手FWに競り勝ち反撃の芽を摘んでいく。
すると先に動いたのは磐田。前半、1人少なくなってからロングボールが多かった中、59分にアダイウトンを投入し前線の圧力を強める。

一方早々に追加点が欲しいガンバは74分に髙江に代えて矢島を投入。81分には宇佐美に代えて井手口を投入。そして90分には先制点を挙げた小野瀬に代えて菅沼を投入し、アディショナルタイムも逃げ切りを図る。
しかし迎えた90分+5。ペナルティエリア内でファールを取られPKを与えると、それを磐田・中山に沈められまさかの失点。
そのままホイッスルが鳴り試合終了。またしても試合終了間際に失点を喫し、リーグ戦4試合連続ドローとなった。