ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.5.7[チーム]

2021.5.8(土) 18:00~ 明治安田生命J1リーグ 第13節 ●0-2 川崎F@パナスタ
[プレビュー]川崎相手に問われるガンバの勇気。攻守両面で攻める姿勢が必要に

一つ後のニュース

前節、大阪ダービーでは終盤に意地を見せ勝点1を手にしたガンバ。まだ今季、ホームで勝利を手にしていない状況に指揮官も選手も悔しさを隠さないが、川崎戦はシーズン序盤のターニングポイントになる一戦だ。
「今一番リーグで強い相手だし、天皇杯決勝とゼロックスでも敗れている。まずはその悔しさを持って試合をしたい」と宮本監督が口にした言葉は、ガンバが置かれている立ち位置を象徴する。
昨季、二つのタイトルを阻まれ、今季最初の公式戦となるFUJI XEROX SUPER CUP 2021でも2対3で惜敗。現在、公式戦では川崎に対して4連敗中だが、パナソニックスタジアム吹田で、その借りを返す時がやってきた。

大阪ダービーではPKではあるもののパトリックに今季初ゴールが生まれたが、8試合でガンバが奪ったゴールはわずかに2。前節は開幕戦以来となる4-3-3のフォーメーションを採用し、ボールを握るスタイルへのチャレンジを再び始めたが、川崎相手に問われるのは攻め切る勇気である。
「川崎相手に、自陣に引き込んで守るのは厳しい。点を取りに行く意識を失わないように、守備も攻撃的な守備を心がけたい」と宇佐美は話すが、首位を走る川崎は今季14試合を戦って12勝2分け。未だに負け知らずだが、37得点を叩き出している攻撃力が最大の強みである。堅守の名古屋との2連戦では2試合で7得点を奪っているが、その川崎に対して引いて守るのは禁物だ。「ポイントの一つはやはり攻撃の時間を長くすること」と宮本監督が言えば、左SBで存在感を見せ始めている黒川も「相手のプレスから逃げると自分たちのペースはつかめない」と気合十分だ。
前線からのアグレッシブな守備と球際での局地戦で遅れを取らないことは大前提になるが、互角の時間帯も見せたFUJI XEROX SUPER CUP 2021の戦い同様、一歩も引くことなく川崎を迎え撃ちたい。

一方、川崎は好調を維持している。前節の名古屋戦は3対0のリードから2点は失ったが、得点を奪ったのはジェジエウと山根。そして、ガンバが最も警戒すべきは三笘と家長の存在だ。いずれも試合を決定づけるプレーを見せて来るだけに、チーム全体で相手のキーマンを封じたい。
宮本監督の就任後、川崎から手にした2勝はいずれも無失点でしのいだロースコアによるもの。「たくさんゴールを取るだけでなくて守備面でもハードワークして来るチーム。そういう相手に対して我々は今持っている力を全て出して戦いたい」(宮本監督)。
リモートマッチの大一番だが、攻守両面で一歩も引くことなく、勝点3だけを目指して邁進する。