ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2020.12.18[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.12.19(土) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第34節 ●0-2 清水@パナスタ
[プレビュー]コロナ禍で支えてくれたサポーターに勝ち点3を。清水相手に有終の美を飾る

一つ後のニュース

天皇杯の出場権につながるJ1リーグの2位フィニッシュはリーグ終盤におけるガンバの絶対的な目標だった。
前節は横浜FC相手に狙い通りのハーフカウンターを見せ、先制に成功。苦しい時間を強いられながらも「ああいう展開で失点しないのが今季のいいところ」と山本が胸を張った勝利への執念をチーム全体で体現。2位を確定させるだけでなく、5シーズンぶりのACL出場権をガンバは手にした。
しかしながら、チームの視線は既に元日に待つ戦いに切り替わっている。リーグ戦は次節で最終節を迎えるが、約1週間後に待つのは天皇杯の準決勝。「2位は決まったが、今季マックス2試合出来るように明日の試合もしっかりとしたパフォーマンスを出したい」と語るのは宮本監督だ。

そして、コロナ禍による異例のシーズンの中で、ガンバを支え続けてくれたサポーターへの感謝を体現するのが清水戦でもある。
「コロナ禍で難しい状況でも見に来てくれるサポーターの皆さんのために、勝利という形で今年の応援への感謝を伝えたい」と前節、守備でチームを支えた奥野が言えば、宮本監督も「今年はアウェイで勝つ試合が多くてホームで勝つ試合が少なかった。最後勝利して、天皇杯にもつなげていきたい」と気合十分だ。
宮本体制下では最高順位となる2020シーズンのリーグ戦を締めくくる清水戦で目指すのはもちろん、勝ち点3の奪取だが、同時にガンバは天皇杯も意識しながらピッチに立つ。
今季は開幕から総力戦で勝ち点を積み上げて来たが、誰がピッチに立とうとも泥臭く勝利に邁進するのが今のガンバの強み。守護神の東口も言う。
「守備の強度は高く出し続けられたと思うし、あとは勝負強さというところも際立った」。

シーズン終盤、下位との戦いが続くガンバだが、最終節で対戦する清水は前節、仙台との直接対決で敗れ、最下位に転落している。ただ、勝てば仙台と湘南の結果次第では順位が入れ替わる立ち位置だけに、アウェイで勝利を目指してくるはずだ。
「失点の数は多い印象だが、すごく綺麗なゴールを決めている」と奥野も警戒感を口にするが清水はリーグワーストの失点数の一方で、要所には攻撃で力を持つ個の力を揃えている。
2試合連続で最高の試合の入りを見せているガンバだが、課題は自分たちの時間を長くすることだ。「横浜FC戦のような展開になると中2日なのでしんどい」(山本)。今季ガンバが積み上げて来た勝利への執着心に加えて、サポーターを歓喜させるゴールを積み重ねたい。
ホームでの最終節でサポーターと喜びを分かち合う時が来た。