ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.8.23[チーム]

2020明治安田生命J1 第12節 △1-1鹿島@カシマ

一つ後のニュース

前節、浦和との敗戦から中3日で迎えた今節の相手は難敵・鹿島。
前節ではミスが重なり今季最多の3失点を喫しただけにDFラインの立て直しが求められるこの試合。
宮本監督は前節からスタメンを4名変更し、DFキムヨングォン、MF倉田、福田、FWパトリックが先発に名を連ねた。

1分、土居がこの試合のファーストシュートを放つがこれは東口が右足でセーブ。

6分、左サイドで倉田がパトリックとのコンビネーションで抜け出しグラウンダーのクロスを入れると、ファーサイドで待ち構えた小野瀬が押し込み幸先よくガンバが先制!
この日初めて放ったシュートがゴールに繋がりガンバが1-0とリードを奪う。

10分、宇佐美とのワンツーで抜け出したパトリックがシュートを放つがこれは相手GKがキャッチ。
11分には中盤に下がりボールを受けた宇佐美が相手DFラインの背後に走ったパトリックにボールを出し、小野瀬を経由したボールを再び受けると遠目の位置から思いきりよくシュートを放つ。これは相手DFのブロックに遭うものの、得点後の勢いそのままに攻勢に出るガンバ。

対する鹿島は16分にアクシデントで最初の選手交代。
広瀬が怪我でプレー続行不可能となり、この試合限りでの引退を発表し、この日がラストマッチとなる内田がピッチに。

内田が投入されるとその後は徐々に鹿島がボールを握る展開に。
21分、ショートコーナーからファン アラーノに強烈なシュートを浴びるがこれはクロスバーに救われる。
35分にはファン アラーノのクロスからエヴェラウドに強烈なシュートを放たれるがこれは東口のセーブで難を逃れる。

前半は1-0とガンバがリードを保ったまま終了し、ハーフタイムへ。
両チーム選手交代はなく後半開始。

53分にはDFラインの背後に落ちた矢島のパスを宇佐美が相手DFに競り勝ちマイボールにすると強烈なシュートを放つがこれは相手GKがセーブ。

63分、鹿島が選手交代でファン アラーノと和泉を下げ、遠藤と上田を投入。
ガンバも67分にこの日最初の選手交代を行うと宇佐美と倉田に代わり、小野と髙尾がピッチへ。

75分には鹿島が3回目となるこの日最後の選手交代で三竿とエヴェラウドを下げ、荒木と染野を投入。同点をゴールを狙いに攻撃的なカードを切って来る鹿島・ザーゴ監督。

ガンバもそれに対応し、83分に矢島とパトリックに代えて山本とアデミウソンを投入。
前線に起点を作り、ラインを押し上げ1点のリードを守りきりたいガンバ。

アディショナルタイムには最後の交代で福田に代え藤春を投入し逃げ切り体制に入るが、迎えた後半アディショナルタイム5分、内田がシンプルにゴール前に入れたボールを一度は跳ね返すが、再びクリアボールを拾われ荒木にクロスを入れられると、ゴール前に上がっていたDF犬飼に頭で叩き込まれ1-1の同点に。
ほぼラストプレーで同点ゴールを許すと、直後に試合終了の笛が吹かれ1-1でタイムアップ。土壇場で白星を逃したガンバは、アウェイで勝ち切ることができず勝点1を奪うにとどまった。