ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.11.13[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.11.14(土) 15:00~ 明治安田生命J1リーグ 第27節 ●0-4 仙台@パナスタ
[プレビュー]勝てば無敗のクラブタイ記録。仙台戦でも全員の力で勝ち点3を手にするのみ

一つ後のニュース

今季、様々なジンクスを断ち切って来たガンバが、神戸戦でもパナソニックスタジアム吹田で4戦全敗というこれまでの歴史にピリオドを打ち、1-0で勝ちきった。
攻守の軸だった井手口が不在という非常事態にも関わらず、先発に抜擢されたアカデミー育ちの奥野がJ1デビュー戦で「期待していたもの以上のものをだしてくれた」と宮本監督が絶賛したハイパフォーマンスを披露。一戦必勝というスタンスで戦って来たガンバを支えるのはチームの総合力であることを、神戸戦で証明して見せた。

神戸戦の勝利によって12試合負け知らずと、快進撃が続くガンバ。仙台戦は引き分け以上でクラブの無敗記録に並ぶが、指揮官には一切、そんな意識はないという。
「選手には目の前の試合に集中して戦おうと伝えてきて、今、こういう結果に至っている。記録の話は選手にしていない」(宮本監督)。
巻き返しが始まった9月以降、目の前の試合で全てを出し尽くしてきたガンバだが仙台戦でも目指すのは負けないことではなく、勝ち切る試合を見せることだけだ。
迎え撃つ仙台に対してはパナソニックスタジアム吹田で3勝1分けと負け知らずで相性がいいだけでなく、仙台は現在、最下位。ガンバとは対照的にクラブワースト2位となる17試合未勝利(5分け12敗)という状態だが、だからこそ指揮官と選手は気を引き締めている。
「長い間勝てていないというチームがこの試合に向かってくるパワーに対応したい」と宮本監督が言えば、頼れる守護神も「今まで以上に気を引き締めて戦わないといけない相手」(東口)と言い切る。

宮本監督とはガンバでもチームメイトだった木山監督が率いる仙台相手にやはり気をつけたいのは長沢と赤﨑、2人の元ガンバ勢である。
また「サイドにはドリブルができてクロスをあげられる選手もいる」と宮本監督が要注意人物に掲げるクエンカはバルセロナでもプレーした個を持つアタッカー。小野瀬と髙尾の連携でクエンカを抑え、長沢や赤﨑へのボールの供給を封じ込めたい。
高い守備意識を保ちながらも、攻撃時には迫力ある仕掛けを繰り出すのが今のガンバの強みでもある。神戸戦ではパトリックが相性の良さを見せつけ、決勝ゴールを奪ったが、仙台戦で虎視眈々と出番を待つのが「仙台キラー」の渡邉だ。2018シーズン、ガンバ移籍後初ゴールを仙台から奪い、過去にも仙台相手に活躍してきた渡邉はポストプレーでもベテランらしい老獪さを見せている。
「1点だけでなく、複数得点が取れるようにやっていきたい」(渡邉)。
負けないガンバではなく、勝ち切るガンバを神戸戦に続いて見せつけるのみだ。