ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.20[チーム]

2019明治安田生命J1第8節 △1-1大分@パナスタ

一つ後のニュース

J1第8節は2週続けてのホームゲーム。
J2からの昇格組で、試合開始前時点でリーグ3位と好調の大分を迎えた。
何としても今節で連敗脱出とリーグ戦でのホーム初勝利を掴みたいガンバだが、前節の浦和戦では、ストロングポイントである左サイドの要、藤春を負傷で欠く痛手を負った中、どんなメンバー、そしてフォーメーションで挑むかに注目が集まった。
そのメンバーには今シーズン出場機会の少なかった藤本、渡邉、田中が名を連ね、基本フォーメーションも3-4-2-1と、連敗脱出のためテコ入れをして臨むことになった。
その試合は大分のポゼッション優位で進む。最終ラインでボールを握る大分はGKもビルドアップに参加し、ハーフラインまでDFライン上げ攻撃を展開。対するガンバは守備時には自陣に引いて守りカウンターを狙い、カウンター時にはワントップの渡邉にボールを預け、そこに2列目の倉田、藤本が絡んで行く攻撃でゴールを狙う。
しかし、なかなかチャンスらしいチャンスを作れないまま20分が経過すると、渡邉が相手選手との接触プレーで負傷。一度は立ち上がりプレーを再開するも、やはり続行出来ず、前節に続きまたしても前半で負傷交代を余儀なくされ、渡邉に代わりウィジョがそのままワントップの位置に投入される。
すると直後の25分。右サイドからのアーリークロスに反応した東口がパンチングでクリアしようとするが、そのボールがゴール前に詰めた相手選手に当たり、跳ね返ったボールがそのままゴールを割ってしまう。一時このプレーにハンドの抗議をするものの、これは認められず嫌な形で先制を許すことになった。
早々に追いつきたいガンバの攻撃は35分。ゴール前に人数を掛けた波状攻撃から、最後は倉田が鋭いミドルシュートを放つが、これはGK正面を突き得点には結びつかない。
45分には藤本のパス反応した田中が右サイド深くからクロスを上げると、逆サイドのジェソクがこれに反応し足で合わせるが、上手くミートせずボールは枠外に飛び前半終了。1点ビハインドで試合を折り返す。
後半はガンバが田中に代えてアデミウソンを投入し、システムを4-2-3-1に変更。倉田が1列下がりボランチ、遠藤がトップ下に入る。
53分にはヨングォンが最終ラインでDFをかわし、自らボールを持ちあがると中央の遠藤に預け、遠藤が左サイドのウィジョに展開。そのままウィジョが持ち上がりゴールを狙ったが、シュートは枠外で得点ならない。しかし、その後もウィジョ、アデミウソンが前線で存在感を発揮すると、前半とは一転しガンバの時間が続く。
同点に追いつきたいガンバは59分。藤本に代えて小野瀬を投入し交代カードを全て使い切ると、その小野瀬が投入直後から前線の攻撃をさらに活性化させていく。
60分過ぎにはクロスボールがアデミウソンの足元に収まりフリーでシュートを放つも、相手GKのタイミング良い飛び出しに防がれ決定機を逸する。
67分にはCKから三浦、菅沼と立て続けにシュートを放つがこれもゴールを割れない。
さらに続けてウィジョがミドルシュートでゴールを狙うが、これはポストを叩き1点が遠い。
だが迎えた71分。相手のクリアミスを拾った遠藤が放ったシュートが相手DFに当たり軌道が変わると、それがそのままゴールネットを揺らし待望の同点ゴールを挙げる。
同点後は両チームオープンな展開に。大分・藤本をターゲットにしたカウンターが再三繰り出されるが、そこはヨングォンが1対1で上回り反撃の芽を摘む。
攻勢を強めた後半は終始ゴールの匂いがしたガンバだったが、試合後半には疲れが出たか攻撃の勢いが弱まり、再び大分にボールを持たれ勝ち越しゴールを奪えない。
結局その後は両チームにチャンスなく1-1で試合終了。遠藤に22年連続ゴールが生まれるが、勝ち切るまでには至らなかった。しかし連敗は3でストップ。勝ち点1を積み上げ順位は変わらず15位となった。
次戦は再びホームで24日にルヴァンカップ・磐田戦を迎える。