ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.8.5[チーム]

Powered by GAMBAplus

[ 連載 ]WE ARE GAMBA OSAKA(全20回予定)VOL11 FW宇佐美貴史

一つ後のニュース

懐かしい響きに、思わず頬が緩んだ。

6/26のルヴァンカップ V・ファーレン長崎戦でのこと。ガンバ大阪への復帰が発表され、試合前にパナソニックスタジアム吹田で挨拶を行った宇佐美は、ガンバサポーターによる自身のチャントに笑顔を見せた。

「このチャントを聞くのがいちばんの楽しみだった。ユース時代から馴染みがあるし、もはや、あれがないと何かが足りない気もするしね(笑)。日本代表でも歌ってもらって…それもすごく有難いことなんですけど、このスタジアムで、ガンバサポーターに歌ってもらうのが、やっぱりいちばんしっくりくる。ああ、帰ってきたなって思いました」

もっとも、懐かしむばかりではない。ガンバに戻ってきた使命や、そこに伴う責任を結果で示さなければいけないと感じている。

「サポーターが愛してくれているのは、僕が点を取る姿とか、点を作り出す姿であるはず。僕がどれだけ『ガンバが大好きです』と言ったところで、シーズンを終えた時に得点ゼロ、アシストゼロではきっと、自分に対する愛情も抱いてもらえない。僕たち選手とサポーターは『ギブ・アンド・テイク』で成立していて、サポーターの応援に対して、選手が結果で返して初めてチームや僕のことを本気で愛してくれる。これまで僕を応援してくれていたのも…手前味噌ながら、結果を出してきたからで、ガンバのユニフォームを着ているだけの僕だったら、こんな風に迎え入れてもらえなかったと思う。ただ、過去に胡坐をかくつもりはない。3度目の在籍となる今回も、結果を出す宇佐美貴史でなければいけないと思っているし、それに対する危機感やプレッシャーをしっかり感じて、力にしていきたいと思っている」

背番号は、プロ1年目につけた『33』。当時も今も、大好きな番号であることに違いはないが、それを背負う自分は10年前と同じではいけないと覚悟を口にする。

「トップチームに昇格したばかりの頃は、周りにはいつも助けてくれる選手がたくさんいて、偉大な先輩選手についていこう、なんとか置いていかれないようにしようと思うだけで成長できた。2度目の復帰をした時は、ヤットさん(遠藤保仁)のようにガンバを長きにわたって引っ張ってくれている選手と、若手だった僕らを、秋くん(倉田秋)やヒガシくん(東口順昭)、ハルくん(藤春廣輝)ら中堅選手が繋いでくれたおかげでノビノビとプレーできた。そのバランスの良さが、14年の『三冠』にも繋がったんだと思う。そう考えても、27歳になった僕のピッチ内外での振る舞いは以前と同じではいけない。『中堅』としての役割を意識しながら、ガンバが本来いるべき『タイトル』を争える場所に戻れるよう、自分なりのやり方で責任を果たしていきたい」

3年ぶりのJ1リーグへの復帰戦となった7/20の名古屋グランパス戦。2トップの一角で先発のピッチに立った宇佐美は1点のビハインドを追いかける展開の中、アディショナルタイムにヘディングでのゴールをねじ込んだ。試合後、本人も課題を口にしたように、90分を通したゲームコンディションやパフォーマンスは、まだまだ万全ではない。それでも、復帰戦という節目の試合で、ガンバに勝ち点をもたらすゴールを決められる勝負強さに、彼に深く刻まれるガンバ愛とその覚悟を見た。



次回掲載予定日:2019/8/12
Interview and text by Misa Takamura

Back Number
VOL10 MF倉田秋
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9783/

VOL9 FW食野亮太郎
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9667/

VOL8 アカデミー ヘッドオブコーチング 鴨川幸司
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9564/

VOL7 DFキム ヨングォン
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9486/

VOL6 スタジアムDJ 仙石幸一
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9428/

VOL5 MF高宇洋
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9363/

VOL4 GK東口順昭
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9328/

VOL3 マネージャー 橋本篤
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9248/

VOL2 DF藤春廣輝
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9151/

VOL1 DF三浦弦太
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9091/