ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.6.22[チーム]

2019明治安田生命J1 第16節 ○1-0 湘南@パナスタ

一つ後のニュース

快勝した水曜日のルヴァンカッププレーオフステージから中2日。J1リーグ第16節は3週間ぶりの開催となったホームゲームで湘南を迎えた。
対戦相手の湘南は現在3連敗中。さらに主力の杉岡が日本代表活動で不在と正念場迎えているが、ルヴァンカップは敗退しており、リーグ戦に万全な状態で臨んでくることが予想された。

ガンバは5試合ぶりに掴んだ公式戦での勝利の勢いをそのままに、リーグ戦での大阪ダービー以来の勝利を掴みたい所。
その試合のスタメンにはルヴァンカップでゴールを記録した田中が抜擢され、中村もリーグ戦2試合連続スタメン出場となった。

試合の立ち上がり。最終ラインからのビルドアップを図るガンバに対し、湘南は前線からのプレスで対応。
ガンバはそれをかいくぐるため両サイドにボールを散らすが、湘南の出足の良さに手を焼きボールを前に進められない印象。

ガンバの最初のシュートは14分。中央で楔のパスを受けたアデミウソンが左サイドへ展開。
中村がドリブルで持ち上がりカットインから鋭いシュートを放つものの、これは惜しくも枠外へ。得点にはならなかったものの1つ、攻撃の形が見える。

両チームシュートなく進む試合は、主導権を争って中盤でのせめぎ合いが続く。
そんな中、矢島が最終ラインまで下がりビルドアップに参加。右CBの髙尾が高い位置にポジションを取り、この日先発に抜擢された右WBの田中とのコンビネーションで敵陣深くまで侵入し、ゴール前に右サイドから何度かクロスを供給しチャンスメイクをする。

しかし、前半30分過ぎからは湘南のペース。
ガンバが狙う楔のパスをことごとくインターセプトされ、ショートカウンターから押し込まれる苦しい展開。それでもガンバは東口が再三の好セーブを見せ、試合を0-0で折り返した。

後半は開始からガンバベンチが動く。
前半にイエローカードを貰った福田に代えて遠藤を投入。アンカーに入り攻撃の活性化を図る。
その遠藤が後半の立ち上がりからゲームをコントロールすると、前半とは一転。アタッキングサードでのプレーが続き相手DFを押し込みながらガンバが試合の主導権を握る。

後半も25分が経過してもなお、相手陣内へ攻め込み続けるがなかなかゴールを割ることができないでいると、73分にはアデミウソンに代えて食野を投入。
その食野は相手最終ラインと中盤の間に顔を出しボールを受け、攻撃にアクセントを付けながらゴールに迫る。

しかしながら押し込み続ける展開が続くも、ゴールを割ることができず、このまま4試合連続のドローかと思われたアディショナルタイムだった。
90分+1。左サイド深い位置でボールを受けた食野が中央へドリブルを開始。
フェイントを入れ、相手DFのマークが甘くなった一瞬の隙を逃さず右足一閃!ボールはゴール右隅に突き刺さり待望の先制点を叩き込む!

その後、試合終了間際には自陣深い位置でFKを与えたものの、最後までゴールを守り抜いたガンバが4試合ぶりの待望の勝利!
途中交代の食野が起用に応える活躍を見せ、自動降格圏を脱し順位を13位とした。