ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.5.22[チーム]

2019YBCルヴァンカップグループステージ第6節 △0-0 松本@サンアル

一つ後のニュース

前節・清水戦で勝利し、グループステージの突破が決まっているガンバは、最終節をアウェイ・松本で迎えた。勝てばグループステージ首位通過が決まる試合であり、さらには公式戦での連勝もかかるだけに、勝利を収めて勢いに乗ったまま、週末のリーグ戦アウェイ・札幌戦に向かいたい一戦となった。
その試合のメンバーは、直近のリーグ戦でイエローカードの累積によって出場がなかったヨングォンや、ここまで出場機会のなかった髙木がスタメン出場を果たし、さらには3月に加入を発表したダビド コンチャも今季初のメンバー入りを果たした。
試合は立ち上がりからガンバ左サイドの背後を突かれる攻撃で再三ピンチを招く。
11分にはその左サイドから高い位置への侵入を許しCKを与えると、そのCKを松本・永井にゴール前でフリーで合わせられてしまうが林がファインセーブで防ぐ。さらに直後の15分。再度CKを与えると再び永井にフリーで合わせられるが、ここは遠藤がゴールライン際でクリアをしピンチを脱する。ガンバはうまく機能していなかった左サイドの対応として食野と田中のポジションを変更。食野が左サイドに、田中が右サイドにポジションを取るとガンバも徐々に攻撃の形が見え始める。20分過ぎには高が高い位置でボール奪取すると右サイドの田中へ展開。その田中がゴール前にクロスを送るがこれはゴール前に人数がおらずシュートには繋がらない。左サイドの食野も得意のドリブルでペナルティエリア内へ切り込みチャンスメイクしていく。
序盤からボールが落ち着かなかったガンバだが、徐々にボールを回せるようになり、最終ラインから攻撃の組み立てを図ると、37分には中央の遠藤から左サイド高い位置まで上がったジェソクに展開。そのジェソクからゴール前にクロスが入り高がヘディングで合わせるが、これは惜しくもボールは枠を捉えず好機を逸し、0-0で試合を折り返す。
両チーム交代なく後半がスタートすると、再び立ち上がりから終始自陣に押し込まれる展開が続く。その後57分には高に代えて芝本が投入される。芝本はこれがトップデビューとなった。68分にはゴールキックのミスを高い位置で奪われシュートを許すが、ここは林がセーブを見せ防ぐ。70分には交代で入った芝本がミドルシュートを放つがボールは枠外へ。75分頃にはビルドアップがスムーズになると、ジリジリと相手DFラインを押し込みアタッキングサードでのプレーが増えていく。そして84分には髙木に代えてこの日初めてメンバー入りしたダビド コンチャが起用され、1点を奪いに行く。
その後87分には今野が、アディショナルタイムには食野が果敢にゴールを狙うものの、得点を奪うことができずスコアレスドローで試合終了。
この結果、グループステージ1位通過が決まり、プレーオフステージは長崎と対戦することとなった。