ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.28[チーム]

2019明治安田生命J1 第9節 ●1-2仙台@ユアスタ

一つ後のニュース

水曜日のルヴァンカップから中3日で迎えたJ1第9節は、アウェイで仙台と対戦。
平成最後となったこの試合は、試合開始前時点でリーグ戦でガンバは15位、仙台は17位と苦戦を強いられている中での対戦となっただけに、下位脱出のため両チームともに落とせないゲーム。その先発にはルヴァンカップでの活躍があった矢島が先発に抜擢された。
試合は矢島から相手DFラインの背後を狙ったボールが供給されゴールを狙う。
一方守備では仙台のスピードある両サイドプレーヤーが起点となった攻撃を展開される。そんな中、立ち上がりでの課題であった失点は避けることが出来たものの、主導権は仙台に。
25分にはゴールキックを高い位置でカットされショートカウンターを受けると、ゴール前でシュートを打たれるがボールはわずかに枠外に行き難を逃れる。
ガンバの攻撃は右サイドの小野瀬とアデミウソン、ウィジョが細かいパスを繋ぎながらゴールに迫るコンビネーションを見せるものの、なかなかシュートで攻撃を終われない。
しかし迎えた32分。矢島の左サイドからのCKのボールにヨングォンが頭で合わせ先制点を決める。流れが仙台にある中でセットプレーから貴重な先制点となった。
34分にも左サイドをえぐったジェソクの折り返しにアデミウソンがフリーで合わせるが、これはDFに当たり追加点はならず。
ガンバの攻勢が強まるかに思えたが、先制後も仙台がポゼッション優位に試合を進めサイドを起点に攻撃を展開するが、ガンバは東口を中心に0で凌ぐ。
しかし迎えた前半45分+1。仙台・永戸の強烈なミドルシュートが三浦の頭に当たって軌道が変わり、そのままゴールに吸い込まれ同点に追いつかれてしまい試合を折り返す。
両チーム交代無くスタートした後半は、ハーフタイムに「落ち着いてボールを回そう。」と宮本監督から指示が飛んだものの、前半から状況が変わらずしばし仙台が押し込む展開に。
そんな中ガンバは59分にアデミウソンとウィジョでボックス内を崩し、最後はウィジョがシュートを打つがボールは枠を捉えず決定機を逸してしまう。
69分にはCKを獲得し、このこぼれ球を繋いで矢島がゴール前を狙った浮き球に反応した倉田が、角度ないところからシュートを放つもこれもボールは枠外に。
その後ガンバは79分にアデミウソンに代えて遠藤を。84分には小野瀬に代えて田中を。88分には倉田に代えて食野を投入。ルヴァンカップでも活躍したフレッシュなメンバーを入れ勝ち越しを狙いにいったが、同点で試合終了かと思われたアディショナルタイム。途中交代で入った仙台・長沢に痛恨の勝ち越しゴールを許しまさかの敗戦。
試合を通して終始仙台に押し込まれ、終了間際の失点が続く厳しい内容で勝ち点を取りこぼすこととなった。