ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.26[チーム]

2019明治安田生命J3 第7節△0-0群馬@正田スタ

一つ後のニュース

J3リーグ第7節。金曜日開催となった本日の対戦相手はザスパクサツ群馬。前節ロアッソ熊本に敗戦し、連勝が止まってしまったガンバ大阪U-23。再び勢いを取り戻すためにも勝利がほしい試合。
G大23はいつものように、DFラインからの丁寧なビルドアップを行うスタイルで試合に入るが、先にピンチを迎えてしまう。
前半6分、群馬の右サイドのクロスから強烈なシュートを打たれるが田尻の好セーブでピンチを凌ぐ。
その後もテンポの良いパス回しでチャンスを伺うが群馬のDFラインを崩し切ることができない。前半15分までシュートを打つことができない展開が続く。
前半18分、高い位置でボールを奪取した市丸がこの試合の初シュートを打つが惜しくも枠の上に外れる。
ボールを保持する時間こそ長いが、なかなかチャンスを作ることができない状況で、G大23はロングパスでチャンスを作る。
前半29分、野田のロングパスに反応し裏に抜け出した福田がダイレクトでシュートを打つが惜しくもゴール左に外れる。
その後、試合は大きな動き無く、前半終了の笛。
群馬の堅い守備をどのように崩すかがポイントとなりそうな前半の試合内容だった。
後半からは一転して群馬の攻撃の時間が続く。
後半8分、セカンドボールを拾われ、シュートを打たれるが、田尻が左手一本でセーブ。
その後も前半のように、ボールを保持することができないG大23。
後半25分、市丸が後半の初シュートを打つ。
このシュートから徐々に前半のように落ち着いてボールを保持することができるようになったG大23。
しかし、流れがよくなってきたところでカウンターからピンチを迎える。
後半34分、左サイドからクロスを上げられ、ヘディングシュートされるが枠を大きく外れる。
後半アディショナルタイムには両チームがセットプレーのチャンスを迎えるが、お互い決めきることができず試合終了の笛。
ボール保持率は高かっただけに、引いて守る相手への戦い方が今後の課題となっていきそうだ。