ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.27[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.4.28(日) 13:00~ 明治安田生命J1リーグ 第9節 ●1-2 仙台@ユアスタ
[プレビュー]東口・米倉が語るJ1第9節 vs 仙台 ― ルヴァンカップの勢いをリーグ戦へ。相性のいい仙台に勝ちに行く

一つ後のニュース

ルヴァンカップの磐田戦で若い力が台頭。4対1で勝ち切ったガンバだが「これをリーグ戦につなげないといけない」と米倉は言った。リーグ戦で現在4試合勝利から遠ざかっているガンバにとって、仙台戦は巻き返しのきっかけにすべき重要な戦いだ。
リーグ戦では直近の4試合で2得点。3バックを採用する相手に手こずっているガンバだが、仙台も基本布陣は3バック。ルヴァンカップの前節は4バックを試した仙台だが、かつてガンバでもプレーした金を擁する最終ラインを崩したい。

「相手の脅威になるボール回しがないと、引いた相手は崩せない」(今野)。ルヴァンカップの磐田戦で公式戦5試合ぶりにゴールを決めたウィジョや、アデミウソンらガンバの前線が持つ個の力を再び見せつけたい戦いになる。「大分戦の後半の攻めを90分継続して勝つだけ」(倉田)。
現在17位で降格圏内の仙台だが勝てば降格圏内から抜け出す可能性もあるだけに、ホームで必死の戦いを見せてくるはず。「今は自分たちがどう気持ちを見せるか」と話すのは米倉だ。
仙台に対しては直近のリーグでは対戦10試合で5勝4分け1敗と相性はいいが、ハモン ロペスや長沢らクロスに持ち味を持つ選手は要注意。アウェイで目指すのは当然、勝ち点3のみだ。

GK1 東口順昭「僕らにとっては勝つしかないし、今季序盤で一番大事な試合だと言っても過言でないと思っています。ルヴァンカップの磐田戦のように、戦う気持ちはどんな試合でも大事になってきますし、それが出せないと勝てません。リーグ戦ではここ2試合、崩されていないのにもったいない失点をしていますが、そういう失点をなくせば僕らも巻き返していけるはずです。今季は相手の一発にやられているので守備陣としてはそこを意識したいですね。特に仙台はクロスからの形を持っているので、GKとしてもしっかりとケアするつもりです。」

DF14 米倉恒貴「リーグ戦で勝ちから遠ざかっている僕たちにとって、仙台戦も勝ちが必須になる一戦です。ルヴァンカップでは皆が気持ちを一つにして戦いましたが、ああいうプレーを仙台戦でも見せるだけです。僕自身も試合に出続けるためには、結果を出さないといけませんが、何よりチームを勝たせるプレーがしたい。ガンバには前線に点を獲ってくれる選手が揃っています。だからこそ、僕ら守備陣が安定したパフォーマンスを見せることで前線も安心して攻撃に専念できるはず。ルヴァンカップで見せたような1対1で負けない気持ちをリーグ戦でも出したいですね。」