ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.24[チーム]

2019YBCルヴァンカップ 第4節 ○4-1磐田@パナスタ

一つ後のニュース

リーグ戦から中3日で迎えたルヴァンカップ第4節は、ホームで試合前時点でグループ首位を走る磐田と対戦。混戦模様のDグループを抜け出すためにも、勝てば首位浮上も見えてくるこの試合は、何としても勝利を収めたいものとなった。
その試合の先発メンバーには青山がトップチーム初出場、そして特別指定選手の黒川がガンバで初出場を飾った。
基本フォーメーションを4-4-2としてスタートした試合は、立ち上がりにコンパクトな陣形を保ったガンバが優勢な展開。
すると10分。ポストプレーでボールを受けた食野が中盤で倒されファールを受けると、これを小野瀬が素早くDFの裏を狙いリスタート。このボールがウィジョに通り、ウィジョがゴール前でGKもかわして幸先よく先制ゴールを奪う。
そして直後の12分。矢島からの左サイド裏のスペースを狙ったボールに田中が反応。パスを受けそのままドリブルで駆け上がると、ゴール前で冷静にDFをかわしゴール右隅にボールを沈め追加点を挙げる。田中はこれがガンバ移籍後初ゴールとなった。
立ち上がりで早々に2点をリードしたガンバは、その後もDFラインを高く保った相手の背後を、ウィジョや左サイド田中の抜け出しで狙い、守備ではトップチーム初出場の青山、そしてガンバ初出場の黒川も落ち着いたプレーを見せ、チャンスらしいチャンスを与えず、ポゼッションで優位に立つガンバが終始優位に前半を進め、2-0で試合を折り返す。
両チーム交代無く臨んだ後半は点を奪いに前掛かりになる磐田の攻撃に対して受けに回らず、3点目を奪い早々に試合を決定付けたいが、迎えた61分。CKを林がパンチングするが、クリアが弱くこぼれ球を拾われ繋がれると、磐田・上原に鋭いミドルシュートを許す。
1点を返し攻勢を強める磐田の攻撃を受ける時間が多くなった後半20分過ぎ、ウィジョと交代で入った中村にチャンスが。中村がパスカットからドリブルで一気に持ち上がり相手DFをかわすと、ゴール前で2対1の絶好機が。決定的な場面で中村から中央の食野へラストパスを送るが、このボールには力なく相手のパスカットに遭いチャンスを逸してしまう。
なおも磐田優勢の中迎えた71分には、ペナルティエリア付近でファウルで与え、絶好の位置で磐田のFK。しかしこれはわずかに枠を逸れ難を逃れると、73分には田中に代えて髙江を投入。運動量豊富の髙江を軸に1点を返し、攻勢を強める磐田の勢いを止めたいガンバは79分、前掛かりになった磐田に対しカウンターを発動。
右サイド中村がボールを受けドリブルで駆け上がり中央の食野へ絶妙なスルーパス。食野がこのボールをゴール前で落ち着いて押し込み貴重な追加点を挙げる。
そして90分+2。左サイドをドリブルで駆け上がった中村が中央へカットインし、角度がややないところからシュートを放つと、これがゴール右隅に沈みダメ押しとなる4点目を挙げ試合終了。
若手選手達の奮起によって終わってみれば4得点の快勝。3/13(水)松本戦以来となるホームでの勝利を挙げた。