ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.9.30[チーム]

2018明治安田J3 第25節 △2-2 F東23@味フィ西

一つ後のニュース

絶対負けたくないU-23チーム同士との戦い。ホームゲームでは破れたが、直近の試合では安定した守備を見せる若きガンバ。今節は敵陣でリベンジを図る。スターティングメンバーは前節から少し変わって、山口に代わって松田が守備陣に入り、出場停止から復帰した市丸がキャプテンマークをつけてピッチにでる。
試合は相手のキックオフでスタート。前半からハードワークで相手のボールを奪いにいく。奪った後はボールを回しつつ、守備の隙を狙う。6分、芝本が蹴ったCKをニアサイドで髙木が触ってコースを変え、走り込んできた野田がシュート。これはGKに防がれるが、こぼれ球を中村が蹴りこみ先制点を挙げる。しかし、13分、CKから失点をしてしまい、試合は少しずつ相手のペースになる。ボールを持つ時間が少なくなり、サイドチェンジなども試して攻撃パターンを変えるG大23だが、なかなかうまくいかず、前半は1-1で折り返す。
ハーフタイム、實好監督から「流れ的にはうちにある。守備面で個の力を見せよう」と送り出された若きガンバ。髙木に代わって井出がピッチに出る。すると、60分、髙江が中盤から前線へ縦パスを入れ、中村がワンタッチで落として走り込んできた芝本が落ち着いてシュート。これが決まり、再び1点リードの展開になる。しかし、4分後には再び追いつかれ、スコアは2-2になる。その後、勢いに乗ったF東23に何度もチャンスを作られ、厳しい状況が続く。打たれたシュートはポストやクロスバーに救われ、谷を中心に守備陣が最後まで必死に守って試合は2-2で終了。