ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.8.27[チーム]

[プレビュー]史上初のダービー3連戦。ガンバの強さを示す時が来た

一つ後のニュース

選手の熱量とサポーターの想いが、一際ヒートアップする舞台がリーグ戦で一年に2度実現する。大阪ダービーの舞台である。大阪の名を賭けた一戦は、常に特別な戦いであり続けてきたが、過去公式戦51試合を実現してきたダービー史上初めてとなる3連戦の幕が、パナソニックスタジアム吹田で切って落とされる。
リーグ戦の戦いに続いて待つのはルヴァンカップの準々決勝2試合だ。その全てが勝たないといけない大一番だが、まずガンバが集中するのはリーグ戦だ。

「大きい流れでの3試合と思っているが、1つ1つ単体で見るとリーグ戦は別物。ただダービーはいいきっかけになる」と松波監督が言えば、過去のダービーで勝負強さを見せつけてきた倉田も「毎年、ホームのダービーは一番キーになるタイミングで来る。そこで勝った年はいい流れになっている」と力を込める。
前節は退場者を出したこともあり、数的不利の中で苦しい戦いを強いられ、横浜FCに敗れたガンバ。仕切り直しの一戦で迎えるダービーは嫌な流れを払拭する上でも最高の舞台であるのは言うまでもない。
過去リーグ戦41回、ルヴァンカップ6回、天皇杯3回、そしてACL1回のダービーが実現してきたが、勝点3だけが求められるのがダービーの特異性。倉田は言う。「内容も大事だけど結果が一番大事」。
リーグ戦では23勝7分け11敗で優位に立つガンバだが、直近の4試合では勝利から遠ざかっているだけに、勝点3がマストのミッションになるのは言うまでもない。

勝ち切る上で鍵を握るのは、ゴールをこじ開ける迫力だ。FC東京戦と横浜FC戦ではシュート数に課題を残したガンバだが松波監督も「前に入るボールが少ないし、人が入っていかない時間帯もあるのでそこは意識したい」と力を込める。
流れの中であろうとセットプレーであろうと、ガンバの総力でゴールを割って見せる。
一方、相手は前節、湘南に1対5で大敗。かつてガンバを率いたクルピ監督が契約を解除され、コーチから昇格した小菊監督の元で出直しの一戦として乗り込んでくる。「ゴールに直結しそうなパスはほぼ清武選手から出ているのでそこは警戒したい」と倉田もキーマンの清武封じに燃えるが、CBのチアゴは191センチの上背を生かして前々節はセットプレーから2得点。一方で速さには脆さもあるだけに、出場してくればガンバとしては付け込むべきポイントでもある。
「ここで勝てれば、3連戦をいい流れでやれるので一番大事な試合」(倉田)。大阪の盟主がガンバであることをサポーターとともに示す時が来た。