ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.8.21[チーム]

2021明治安田生命J1 第25節 △0-0 FC東京@パナスタ

一つ後のニュース

天皇杯3回戦松本戦を延長の末、柳澤のプロ初ゴール、井手口のスーパーミドルで2-0と勝ち切り4回戦に駒を進めたガンバ。松本戦からスタメンを全員入れ替え、GK東口、DFラインには三浦、昌子、キムヨングォン、左サイドに藤春、右サイドには小野瀬、山本と倉田が中盤に並び、前線は矢島、宇佐美、レアンドロペレイラと3-4-2-1のフォーメーションを敷いた松波監督。天皇杯から中二日で長谷川監督率いるFC東京をホーム・パナスタに迎える。

試合は両WB、特に左サイドの藤春を活かしたワイドな攻撃でガンバがボールを動かしながら攻撃を繰り出す。7分、左サイドの連携から藤春が抜け出し中央にグラウンダーのクロスを入れると、ペナルティエリア内で待ち構えた宇佐美がボールをコントロールして強烈なシュート放つ。惜しくもこのシュートは相手GKの守備範囲内でセーブされる。対するFC東京は強力な3人ブラジル人選手を活かした攻撃を狙い、14分にはFC東京FWレアンドロが枠内シュートを狙うも、シュートコースを読んだ東口がしっかりキャッチする。20分には再び藤春からチャンスが生まれる。左サイドをオーバーラップした藤春が宇佐美からのパスを受け、そのままペナルティエリア中央へパスを出すとレアンドロペレイラが左足で合わせるが、枠の右へわずかにそれてしまう。その後も一進一退の攻防が続き、お互いサイドからの攻撃でチャンスを作るも決定機は作れず、0-0で前半終了。

ハーフタイムには松波監督から「残り45分で全てを出しきって絶対に勝ちにいこう」と檄が入り、選手交代はなく後半開始となる。後半開始早々の49分にCKを与えると、クロスのクリアボールに反応した小川に左足でハーフボレーシュートを打たれるも左ポストに当たりピンチを脱する。64分、FC東京長谷川監督が先に動く。ディエゴオリヴェイラに代わってFW永井が投入されると、その代わった永井がDFラインの裏に抜け出しシュートを狙うも藤春が最後まで足を出し、体を張ったディフェンスでゴールを許さない。対するガンバは右サイドからの攻撃で矢島のクロスを中央で合わせたのは藤春。積極的にゴールを狙うも相手GK波多野の横っ飛びのセーブに遭い先制点とはならず。70分には松波監督が動き、倉田に代えて井手口、宇佐美に代えて前節デビュー戦で決勝ゴールを決めた山見を投入しゴールを狙う。攻勢に出たいガンバであったが73分にアクシデントが発生。前半から積極的な動きでチャンスに絡んでいた藤春がふくらはぎを気にするしぐさをし、そのまま柳澤と交代となる。代わって入った選手がそれぞれそのままのポジションについてシステム変更はなく試合再開。その後もなかなかチャンスを作ることはできず、81分には山本に代えて奥野、矢島に代えてチアゴアウベスを投入し、交代カードを使い切り得点を狙う。自陣でのファールが重なりFKを与えるも、東口とDFラインの3人を中心にピンチをしのぐガンバ。87分には敵陣ゴールから離れた位置で得たFK、キッカーのチアゴアウベスは相手GKの位置を見て意表を突くロングシュートでゴール狙うも惜しくもバーの上に外れる。その後、カウンターから山見がスピードを活かしてボールを運び、89分は自らシュートを狙い、アディショナルタイムにはチアゴアウベスへラストパスを送るも、どちらのチャンスも枠を捉えられずゴールにはつながらない。交代で入った選手が活躍を見せるも最後までゴールを割ることはできず、スコアレスドローで勝点1を分け合う結果となった。