ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.8.9[チーム]

2021明治安田生命J1 第23節 ●1-2 徳島@鳴門大塚

一つ後のニュース

前節、横浜FMに2-3と競り負けるも、ここまでチームで積み上げたものをしっかりと見せたガンバ。連勝はストップしたが、敗戦の中で得た手応えをアウェイでの徳島戦にぶつけたい。今節対戦する徳島は順位表の上では17位だが、降格圏脱出に向けモチベーション高く向かってくる。そんな相手に対し「勝点の近い相手に3ポイントを与えてしまうと、また自分たちが難しい状況になってしまう。アウェイだが自分たちが勝点3を獲って帰って来たい」と小野瀬も気合いを入れて敵地に乗り込む。前節から再び中2日で迎えるこの試合に松波監督は先発を6人入れ替え。DFラインには三浦、キム ヨングォン、小野瀬。そしてMFチュ セジョン、矢島、FW一美らがスタメンに名を連ね鳴門大塚での徳島戦に臨む。

2分、中盤でボールを失うと徳島・渡井がそのまま持ち上がり思いきりよくミドルを放つ。鋭い弾道のシュートがゴールマウスを捉えるもこのシュートは東口が正面でセーブ。12分、ガンバは細かいパスワークで相手ペナルティエリア付近まで攻め込むと、矢島のパスを受けたレアンドロ ペレイラが反転から右足でシュート。この試合のチームファーストシュートを放つもボールは枠上へ。16分、倉田が左足で思いきりよくミドルで狙うが相手GKのファインセーブに遭い、惜しくもゴールとはならず。このプレーで得たCKの場面では、キッカー・チュ セジョンのアウトスイングのボールをニアで三浦が競ると、こぼれたボールをゴール前でフリーになっていたキム ヨングォンが詰めるもシュートは枠を捉えることができない。一方の徳島も19分、中盤でボールを奪われると杉森がペナルティエリア付近まで運び、走り込んできた宮代へパスを送る。宮代はダイレクトでシュートを放つが、シュートはわずかにゴールの左に逸れ難を逃れる。両チームとも立ち上がりから決定的な場面をつくり出すもゴールを奪うことはできず試合はスコアレスで推移。しかし、飲水タイムを挟んで迎えた30分、左サイドでFKを与えてしまうとそこから徳島にゴールが生まれる。岩尾のキックをニアサイドの宮代に合わされると、フリック気味のヘディングシュートがゴールに吸い込まれ、この試合の先制ゴールを徳島に奪われてしまう。追いかける展開となったガンバも39分、FKのチャンスを得るとキッカーはチュ セジョン。正確な浮き球のパスをゴール前に送ると、これがピタリとレアンドロ ペレイラの元へ。 走り込んだレアンドロ ペレイラがフリーで狙い澄ましたヘディングシュートを放つが、これは徳島GK・長谷川の好セーブに阻まれゴールとはならず。決定機を逃すと前半アディショナルタイム。徳島に人数を掛けて攻め込まれると、右サイド岸本からゴール前にクロスが入る。ボールは一度、逆サイドまで流れるも、ペナルティエリア内で西谷に奪い返され再び岸本にボールが渡ると、岸本のクロスから最後は西谷にボレーシュートをたたき込まれてしまう。このゴールで前半終了間際にリードを広げられ2点のビハインドを負い、試合を折り返す。

2点を追う厳しい展開となったガンバはハーフタイムに選手を2人変更。チュ セジョンと奥野を下げ、藤春と山本を後半の頭から投入し、まずは1点を奪いに行く。しかし後半に入っても試合は徳島ペースで推移。47分、CKからカカにヘディングシュート許すが、これは東口が好セーブ。56分には渡井のパスを受けた西谷にペナルティエリア左からシュートを放たれるも東口の好守でこれ以上の追加点は許さない。徳島にボールを握られなかなか流れを変えられないガンバは57分、さらに選手交代を行うと、一美が下がり宇佐美がピッチに。過去、徳島を相手に4得点を記録している宇佐美を投入し、試合の流れを引き寄せたいガンバ。59分、その宇佐美のパスを受けた小野瀬がペナルティ付近で前を向くと、コースを突いたシュートを放つがこれはわずかに枠上に逸れ得点とはならず。64分、前線から圧力をかけると、GKのミスを誘いボール奪取。こぼれ球を矢島がミドルレンジから狙うが、シュートはゴール上に逸れてしまう。すると徳島・ダニエル ポヤトス監督も69分。宮代と渡井を下げ、垣田と小西を、一方のガンバ・松波監督も71分に矢島を下げ小野を投入。2点リードの徳島に対し、まずは1点を返したいガンバの構図で試合は終盤の攻防へ。77分、キム ヨングォンのパスを受けた藤春が左サイドを駆け上がると、ゴール前にクロスを送る。ファーサイドに走り込んだレアンドロ ペレイラが頭で合わせるが相手DFのマークに遭い、シュートを枠に飛ばすことはできない。82分、徳島はさらに交代カードを切り、杉森と鈴木徳真を下げ、藤田譲瑠チマと藤田征也がピッチに。対するガンバも84分に最後の交代を行い、倉田を下げチアゴ アウベスが入りレアンドロ ペレイラと2トップを形成。 すると後半アディショナルタイム1分、小野のスルーパスを受けたチアゴ アウベスが左足で強烈なシュートを放つ。これがゴールに突き刺さり、チアゴ アウベスの移籍後初ゴールで一矢報いるも、反撃及ばず1-2で敗戦。アウェイで勝利を掴むことはできず、順位は変わらず13位となった。