ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.8.2[チーム]

[WE ARE GAMBA OSAKA 2021]監督 松波 正信

一つ後のニュース

  • 初先発した広島戦でのプロ初ゴールは『Jリーグ通算100ゴール目』のメモリアル弾に。
  • 支えてくれているすべての人に感謝の気持ちを示したい。そんな思いを持って戦ってきた
  • 05年には勝ちあぐねるチームの起爆剤になればと、ナビスコカップ決勝直前に突然、現役引退を発表
  • 「ガンバのエンブレムを胸に戦うことへの誇りを持って勝利を目指す」
19年から、様々なシーンを通してガンバ大阪との『絆』を紹介してきた『WE ARE GAMBA OSAKA』。シリーズ3年目を迎えた今シーズンは、ガンバ大阪とのつながりを強くした『決断』『決意』の瞬間に触れ、今に至るまでの自身の変化や、心の動きをたどる。

 7月27日に戦ったJ1リーグ、大分トリニータ戦。宇佐美貴史の逆転ゴールが豪快にゴールネットを揺らした瞬間、渾身のガッツポーズで雄叫びをあげた。
 その姿に、ガンバ一筋13年のプロキャリアを築き『ミスターガンバ』と愛された現役時代の勇姿が重なる。ガンバのエンブレムを背負う限り、クラブ、チームのために全力を尽くす。それが松波の『スタイル』だと再確認する一コマだっだ。

 今年の5月。新指揮官に就任した。18年にアカデミーダイレクターとして6年ぶりにガンバに戻り、同年夏には兼任で強化アカデミー部長を任されていた中での異例の人事。交渉ごとのため全てを明かすことはできないが、最後は感謝の気持ちとともに引き受けた。

「クラブのいろんな状況もある中で、18年にガンバに戻った際に任されたアカデミーダイレクターから、兼任でトップチームを強化する立場になり、今は監督を預かっていますが、どの立場でも、任せていただいた限りは、感謝の気持ちを持って全力で仕事に向き合うだけだと思っています。現役時代からそうだったように、ガンバのエンブレムを胸に戦うことへの誇りを持って、たくさんの方がこのクラブを愛し、応援してくれているという責任をしっかりと感じながら、全てのクラブスタッフ、コーチングスタッフ、選手とともに勝利を目指したいと思います」

 Jリーグ元年である93年。全国高校サッカー選手権大会で得点王に輝くなど大きな注目を集めたストライカーは、鳴り物入りでガンバに加入した。初先発した同年6月のサンフレッチェ広島戦でのプロ初ゴールは『Jリーグ通算100ゴール目』のメモリアル弾に。また、誕生日前日の11月20日には18歳364日で『史上最年少ハットトリック』を達成するなど、ルーキーイヤーからその活躍とスター性で人気を集めた。
 05年には優勝争いの最中、終盤に差し掛かって勝ちあぐねるチームの起爆剤になればと、ナビスコカップ決勝直前に突然、現役引退を発表したのも印象深い。その試合はPK戦の末に敗れたものの、松波が13年にわたり追い続けきた『タイトル』への思いはしっかりと仲間に伝播し、J1リーグ最終節では川崎フロンターレを征して悲願の頂点に立った。

「最終節を前に首位から陥落しても、絶対に自分たちがチャンピオンになると信じていました。自分らしいサッカーを心がけ、闘志を見せて戦うことで、支えてくれているすべての人に感謝の気持ちを示したい。そんな思いを持って戦ってきた13年間でした」

 チームで唯一、Jリーグ元年を知る男が流した初めての『嬉し涙』は、たくさんの『悔しさ』から逃げず、それを力に変えて戦い続けた証でもあった。

 時は流れ、監督としてガンバの先頭に立つ今も、勝つために全身全霊を注ぎ込む姿に変わりはない。ともに戦う選手、スタッフに全幅の信頼を置き、どんな苦境も常に自身が矢面に立ってそれを受け止め、力に変えていく。全ては、悔しさの先に待ち受ける勝利のために。愛するガンバのために。
「勝つこと。勝ち続けるチームであること」
『初タイトル』から歴史を重ね、エンブレムに輝く9つの星によって備わったガンバのアイデンティティを、しっかりと胸に刻みつけて。


Interview and text by Misa Takamura

Back Number
MF17 奥野 耕平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12526/

アカデミーストライカーコーチ 大黒 将志
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12391

FW18 パトリック
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12341/

DF3 昌子 源
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12331/

MF29 山本 悠樹
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12264/

FW34 川﨑 修平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12224/

MF21 矢島 慎也
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12148/

DF5 三浦 弦太
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12106/