ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.7.1[チーム]

[プレビュー]目指すのは勝利のみ。初顔合わせのチェンライ・ユナイテッドにガンバの力を見せつける。

一つ後のニュース

Kリーグ4連覇中の全北現代に2点を先行される苦しい展開を強いられながらも、パトリックがチームを救う2ゴール。勝ちきれなかったものの、引き分けに持ち込み、ガンバが得失点差で首位を堅持した。
一試合たりとも気の抜けない戦いが続く、セントラル方式でのACL。第3節で対戦するチェンライ・ユナイテッド戦もまた、ガンバにとって大きな意味を持つ一戦だ。
「グループリーグ突破に向けては、明日の一戦は本当に大事な一戦になると思う」と前日会見で倉田は話したが、チェンライ・ユナイテッドは前節、タンピネスに1対0で勝利し、勝点3を手にしている。
勝点4で並ぶガンバと全北現代を追うチェンライ・ユナイテッド相手に敗れれば、3位転落の危機が迫るだけに当然、ガンバとしては勝利だけを狙いに行く一戦となる。

「全員で勝利に向かって戦いたい」(倉田)。全北現代戦では先発2人を入れ替えて戦ったガンバだが、大会前から指揮官や選手たちが意識していたのは総力戦である。疲労の蓄積などコンディションを考慮しつつ、チェンライ・ユナイテッドに勝ち切る顔ぶれをピッチに送り出す松波監督だが、3バックも4バックも併用可能なのが昨季から積み上げてきたガンバの強みの一つである。
とりわけ心強いのはACLに入って、FW陣にゴールが生まれていることだ。「ゴールに向かう所はチーム全体が意識してできているし、チャンスで決めてくれているストライカーがいる」(松波監督)。パトリックとレアンドロ ペレイラにゴールは生まれているが、次に待たれるのがエース宇佐美の今大会初ゴール。全北現代戦では絶妙のキックから同点ゴールを演出した宇佐美だが、当然ながら自身の得点も意識してピッチに立つ。
昨年に続いての出場となるチェンライ・ユナイテッドだが、近年力をつけているタイ国内で存在感を見せており、タイ代表の主力もプレー。「2試合見ましたが非常に粘り強く戦う」と松波監督も警戒感を隠さないが、エアポケットに入ったような前節の2失点は大きな教訓になるはずだ。
ブラジル人監督が率いるチェンライ・ユナイテッドで要注意は攻守を支えるブラジル人トリオ。エースのビルは勝負強さがある上に、U-20ブラジル代表歴があるフェリペも侮れない技術を持っている。そしてガンバが最も警戒すべきセットプレーでは得点力のあるCBブリネルの高さも封じたい。

初戦の全北現代戦は1対2で敗れているチェンライ・ユナイテッドだが同点に追いついてもおかしくない決定機を作り出しており、ガンバとしても不用意な失点は避けたいところだ。
相手ゴールに鋭く迫ることを求めながら、攻撃の修正を図ってきた松波ガンバ。随所にガンバらしさは出てきているだけに、チェンライ・ユナイテッドに勝ち切るのはマストの使命――。「しっかり勝利して勝点3を取って、第4戦を有利に進められるようにしたい」(松波監督)。全北現代戦とは異なり、引き分けは許されない一戦にガンバが総力戦で挑む。