ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2020.11.2[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.11.3(火 祝) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第26節 △1-1 C大阪@ヤンマー
[プレビュー]ホームで敗れた借りはアウェイで返す。ガンバが総力戦でダービーに勝ちに行く

一つ後のニュース

「負けられない戦い」。ガンバにとって大阪ダービーをこう評する選手は多いが、敵地で行われる今回の一戦は、絶対に勝たなければいけない戦いだ。

リーグ戦では過去23勝5分け11敗、手にして来たタイトルの数でも圧倒するガンバだが、直近のダービーでは2度、負けが続いている。
ダービー史上初めてリモートマッチで行われた7月の戦いでは2-1で敗れているが、ホームで17年ぶりに味わった屈辱を選手の誰もが忘れていない。
「今でも忘れられないぐらい悔しい試合だった。それを払拭するためにも明日勝って、喜びたい」と力強く言い切るのは現在、三浦に代わってキャプテンマークを腕に巻く倉田である。
コロナ禍によるリーグ戦の中断が終わり、再開初戦となったホームのダービーで遅れを取ったガンバだが、あれから4ヶ月の時が流れ、ガンバは当時と全く異なる本来の強さを見せている。
前節の札幌戦は先手を取られながらも、セットプレーから途中出場のパトリックが決勝点。札幌を突き放しきれず、終盤は苦戦を強いられたが、東口の体を張ったプレーに象徴されるように、チーム全員が勝利に向けて献身的にプレーできるのが今のガンバ。接戦をものにして3連勝を掴み取った。

直近の10試合を9勝1分けというハイペースで乗り切ってきたガンバが中2日の過密日程で挑むダービー。しかし、宮本監督はキッパリと言い切った。
「コンディション面は問題ではない。前回ホームで負けているのでアウェイで勝てるように選手と一緒にやっていきたい」
ガンバサポーターも足を運ぶアウェイの地で、ガンバが目指すのは勝ち点3の奪取のみ。
鍵を握るのは、90分を通じたゲームマネージメントと、最近の試合でガンバが見せてきた一瞬の隙を突く勝負強さになる。

リーグ3位の堅守を誇るガンバだが相手もリーグで4番目に少ない失点数で乗り切っている。
ホームで敗れただけでなく、ゴールをこじ開けきれなかった宇佐美もまた、倉田同様に悔しさを噛み締めている一人である。「7月の戦いでは焦れて隙を作った末に、点を取られて試合をクローズされてしまった」(宇佐美)。
ブロックを形成し、割り切った守備を見せてくる相手をこじ開けるには「自滅しないこと」(宇佐美)が大事になるが、今のガンバには流れの中だけでなく、一発で試合の流れを変える「伝家の宝刀」も備わっている。
3試合連続でセットプレーからゴールをこじ開けているガンバだが、宇佐美も虎視眈々と一発のキックを狙っている。
「サポーターの方と一緒により一層の喜びを分かち合えるのがダービーの勝利。そこに全力を注ぎたい」(宮本監督)。

大阪の雄がガンバであることを敵地で見せつけ、今度こそ歓喜の雄叫びをサポーターとともにあげるのみだ。