ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2020.10.31[チーム]

2020明治安田生命J1 第25節 ○2-1 札幌@パナスタ

一つ後のニュース

前節、今季公式戦で2敗を喫していた柏を終了間際の決勝ゴールで劇的に振りきり、6連勝のあと1分けを挟み2連勝で9戦負け無しとしたガンバ。暫定順位を2位に上げ、今節ホーム・パナスタに迎えるのは札幌。アウェイで戦った札幌戦から始まったこの快進撃をさらに加速させるためにも負けられない一戦だが、対する札幌も直近2試合は無失点で連勝を飾りパナスタに乗り込んで来た勢いのある相手。ガンバが積み上げてきたチームの総合力で札幌を上回りねじ伏せたいこの試合に宮本監督は前節からスタメンを1人変更し、FW渡邉を宇佐美の相方に指名した。そしてサブには18歳唐山が第18節以来となるメンバー入り、GK一森とDF新里、藤春も控える陣容で札幌に臨む。茂本ヒデキチ氏デザインの限定ユニフォームシャツが配布される記念試合とあって、パナスタには16,183名のサポーターが駆け付け、選手も普段の青/黒ではなく、グレーの限定ユニフォームに袖を通し、試合は19:03にキックオフを迎えた。

試合は8分、右サイドでボールを受けた宇佐美のクロスに走り込んだ倉田が合わせ右足を振り抜くが、このシュートはゴール左に外れる。対する札幌は9分、駒井がDFラインの裏からマイナスのクロスを入れるとドウグラス オリヴェイラが右足でシュートを放つ。ジャストミートはしなかったが、コースを突いたシュートが枠を捉え、東口が腕を伸ばすもセーブしきれずにゴールイン。この9試合でわずかに5失点と堅守が光るガンバだったが、この日は先制点を与える苦しい展開に。しかしガンバも16分、左サイドで宇佐美が渡邉へクロスを送ると、これを収めた渡邉のポストプレーから井手口にボールが渡る。ゴール前でボールを引き取った井手口が左足のタッチで相手DFを交わしシュートを放つと、コースを消しに来た相手DFの股下を抜く鋭いシュートがニアサイドに吸い込まれ同点に。失点からわずか7分後に同点に追いついたガンバが、すぐさま試合を振り出しに戻す。31分、左サイドで高い位置を取る白井から中央でボールを受けた高嶺がダイレクトで狙うが、このシュートは東口がガッチリとキャッチ。続く34分にも左サイド福森のクロスから駒井がダイビングヘッドで合わせてくるがこれも東口が正面で抑える。40分、右サイド・小野瀬のクロスから倉田が競ったこぼれ球を拾った宇佐美がワントラップから狙う。ドライブをかけて落とすイメージで狙ったシュートだったが、背後からの相手DFのプレッシャーに遭い、シュートを枠内に飛ばすことはできない。前半はそのまま1-1で終了し、ハーフタイムへ。

ハーフタイムに宮本監督は「守備は強気に。球際の競り合いで負けないこと。」と指示を送り、前半と同じメンバーをピッチに送り出す。対する札幌も選手交代なく後半スタート。後半開始早々の48分、FKのこぼれ球を拾ったガンバが再び組み立て直すと、髙尾のクロスをファーサイドで山本が折り返し、倉田がゴール前至近距離で合わせるが、相手GK・菅野のビッグセーブに遭いゴールを割ることはできない。攻勢に出るガンバはさらに55分、宇佐美のスルーパスに反応した小野瀬が背後から追いかける相手DFをブロックし、体制を崩しながらも左足でシュートを放つがこれも菅野にセーブされる。ともに勝ち越しゴールを狙う両チーム、同時にベンチが動くと60分、まずは札幌が2人選手交代を行い、駒井とルーカス フェルナンデスに替えて荒野と金子を投入。するとガンバ・宮本監督も直後に3枚替えで小野瀬、倉田、宇佐美に替え、川﨑、矢島、パトリックを送り出す。すると直後の62分、左サイド敵陣深くで得たFKを山本が右足インスイングでゴール前に入れると、これに反応したのは交代出場でピッチに入ったばかりのパトリック。相手GK・菅野の前に入り、頭で触りコースを変えるとこのシュートがゴールに吸い込まれ貴重な勝ち越しゴールを奪う。宮本監督の交代策がピタリと的中し、逆転で一歩前に出たのはガンバ。直後の64分には右サイド金子のクロスから白井にヘディングシュートを許すが、これは東口がライン上ギリギリのところでセーブし同点ゴールは許さない。同点ゴールを狙いに来る札幌は69分にこの日2度目の選手交代で高嶺を下げチャナティップを投入。その後ゲームは一進一退の攻防となり、攻守が激しく入れ替わる展開に。札幌は85分に最後の交代でドウグラス オリヴェイラを下げ早坂を投入し同点ゴールを奪いにくる。88分、札幌のCKの場面、福森のキックに田中に頭で合わされるが、東口が横っ飛びでセーブ!さらにこぼれ球を拾われると、キム ミンテにシュートを許すがクロスバーに救われ決定的な場面を作られるが何とか耐えるガンバ。アディショナルタイム3分に迎えたピンチも東口が身体を張って札幌・宮澤のシュートを防ぐとそのままタイムアップの笛が鳴り試合終了。今日も逆転で1点差のゲームを勝ちきったガンバが10戦負けなしとして、これで3連勝。勝点を51に伸ばしたガンバが単独2位に浮上した。