ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.8.8[チーム]

2020明治安田生命J1 第9節 ○2-1 横浜FC@パナスタ

一つ後のニュース

前節、首位・川崎Fとの首位攻防戦に敗れ、5連勝を逃したガンバ。
ルヴァンカップ大分戦を挟み再びホームで戦うリーグ戦第9節の相手は今季J2から昇格してきた横浜FC。

上位追撃のためにも勝利が欲しいこの試合に、ガンバは5試合振りに戦列復帰したアデミウソンを先発で起用。またルヴァンカップ大分戦に続いて昌子がスタメンに名を連ねリーグ戦初出場。三浦・キムヨングォンとともに3バックを形成し、GK東口を含め代表クラスが揃う守備陣に注目が集まるこの試合は19:03にキックオフを迎える。

試合は4分、宇佐美のFKから相手GKが弾いたボールを矢島が左足で狙うがこのシュートは枠外に。
7分、アデミウソンが落としたボールを井手口が狙うがこれも枠上に。
さらに17分、セットプレーから相手DFのクリアボールをアデミウソンが拾い右足でシュートを放つがこれもゴールマウスを捉えることができない。
得点にこそ結びつかないもの、試合の入りから積極的にゴールを狙いに行くガンバ。
すると34分、ガンバに先制点が生まれる。DFラインからボールを動かし井手口が右サイドの裏を突くとフリーでクロスを送る。
これは味方には合わず一度逆サイドに流れるが、そのボールを再び拾い細かく繋ぐとゴール中央でボールを受けた小野瀬が強烈なミドルシュートを放つ。
これがアデミウソンに当たりコースが変わるとゴール右隅に吸い込まれる。
ガンバが前半のうちに先制ゴールを挙げ1-0とリードを奪いハーフタイムへ。

両チームともに選手交代はなく後半スタート。

後半は前半とは打って変わり、横浜FCが積極的な攻撃を見せる。
51分には松浦がドリブル突破でペナルティエリア内へ侵入を試みるがここは昌子がさすがの対応で突破は許さず。
攻撃的に出る相手にもしっかりと対応していたガンバだが60分、藤春のバックパスが短くなったところを皆川にさらわれ、最後は斉藤に押し込まれ失点。
意外な形で同点ゴールを許してしまう。

直後の62分、ガンバがこの日初めての選手交代を行う。
小野とアデミウソンを下げ倉田とパトリックを投入し、ギアを上げて攻撃に出るガンバ。

しかし、試合の流れは横浜FCに。
66分にはさらにマギーニョのクロスから斉藤に頭で合わされるも東口がファインセーブを見せる。
直後の68分にもスルーパスから皆川にゴールネットを揺らされるも、これはオフサイドの判定で難を逃れる。

74分には横浜FCがこの日初めての選手交代で斉藤と松浦を下げ草野とレアンドロ ドミンゲスがピッチに。

ガンバも79分に2枚替えで両WBを藤春と小野瀬から髙尾と福田にスイッチ。
82分には横浜FCもマギーニョに代えて手塚を投入。
直後の84分にはガンバも宇佐美に代えて渡邉を、87分には横浜FCも皆川を替えイバを投入し、試合は勝ち越しゴールを巡る最終盤の攻防へ。

ともに勝ち越しゴールを狙う中でオープンな展開なるがゴールは生まれずこのまま試合終了かと思われたアディショナルタイム4分、CKのチャンスを得たガンバ。
キッカー井手口が蹴ったボールに飛び込んだのはパトリック!
試合終了間際に生まれたパトリックの劇的な勝ち越しゴールで2-1と横浜FCを振り切ったガンバが真夏の死闘を制し、ホームで勝点3を積み上げることに成功。
順位を暫定2位に上げた。