ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.8.5[チーム]

2020YBCルヴァンカップ グループステージ 第2節 △1-1大分@昭和電ド

一つ後のニュース

新型コロナウイルスの影響で中断されていたルヴァンカップもいよいよ再開を迎え、再開初戦はアウェイ大分戦。
ホーム&アウェイで行われるグループステージが1回戦の総当たりに変更され、各グループの1位と2位チームの上位1チームだけがプライムステージへと進出できる。
初戦を落としているガンバにとっては、グループステージ突破に向け勝点3だけが求められる。

この試合、宮本監督は前節のリーグ川崎戦からスタメンを8名変更。
GKには石川が入り、足首の怪我からの回復が待たれた昌子が移籍後初先発、DF松田と黒川、FWパトリックも今季初先発を飾り、宮本監督は夏場の連戦を総力戦で乗り越えるべくフレッシュなメンバーを送り出す。

試合は2分、パトリックがDFラインの裏へ走り込み、ボールをキープすると落としたボールを井手口が狙うがこれはサイドネットへ。
20分には左サイドを黒川が抜け出し、こぼれたボールを倉田がダイレクトで狙うが、このシュートは惜しくも枠外。
序盤からガンバがボールを握り積極的に攻撃を展開する。
すると29分、相手DFラインにプレッシャーをかけ高い位置でボールを奪うと、これを井手口がキープしてパトリックにパスを送る。
これを受けたパトリックが冷静に右足で流し込み、1-0とガンバが幸先よく先制に成功。

さらに追加点を奪いリードを広げたいガンバだったが、一瞬の隙を突かれ同点に追いつかれてしまう。
35分、DFラインでミスからボールを奪われると伊佐と三平のコンビネーションで崩され、最後は小塚に押し込まれ失点。
ゲームは前半のうちに振り出しに。
その後、両チームともにチャンスを活かせず1-1の同点で前半を折り返す。

ガンバはハーフタイムに選手を1人交代。宇佐美を下げ後半から小野瀬がピッチに。
ハーフタイムに宮本監督から「攻撃を最後までやりきること。パワーを出して点を獲りにいこう。」と檄が飛んだガンバは59分に井手口、60分には福田がミドルシュートを放つなど、後半頭から積極的に攻めに出る。
また63分には交代で入った小野瀬が相手DFを交わしシュートまで持ち込むが、このシュートは枠を捉えることができず決定的な場面を作り出すもゴールを奪うことはできない。

対する大分は64分に初めての選手交代。
小手川に代わり長谷川が投入されると、ガンバも同時に3人の選手を交代。
黒川、昌子、遠藤を下げ、矢島、三浦、渡邉がピッチに。
積極的な交代策でゲームを動かしにかかる。

69分には大分も伊佐と星に代え髙澤と高山を、さらに77分には三平と小塚を下げて井上と小林を投入。
78分にはガンバも山本と倉田をチェンジし、両チームともに選手交代を使い切り勝ち越しゴールを奪いに行く。

80分には左サイド福田のクロスにパトリックが頭で合わせるが、相手GKのファインセーブに遭いこれも得点には結びつかない。
グループステージ突破に向け、何としても勝点3が欲しいガンバはその後、山本や渡邉がシュートを放つなど、最後の最後までゴールを目指すが、勝ち越しゴールは生まれず1-1で試合終了。
敵地で勝点3を得ることはできず、引き分けで勝点1を積み上げるに留まり無念のグループステージ敗退となった。