ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.10.19[チーム]

2019明治安田生命J1 第29節 △2-2 川崎@パナスタ

一つ後のニュース

ルヴァンカップでの戦いを終え、今シーズンの戦いも残すところリーグ戦6試合となったガンバ大阪。
J1残留が当面の目標となったガンバ大阪は、ルヴァンカップ敗退のショックを払しょくするべく、前節終了時点でリーグ4位の川崎をホーム・パナスタに迎え撃った。

その試合のスタメンに宮本監督は、控えに回ることが多かった渡邉を先発に抜擢。
そしてサイドでの起用が多かった小野瀬が渡邉のパートナーとしてFWに起用された。

試合はそのFW陣がいきなり起用に応えて見せる。
5分。左サイドで倉田が小野瀬とのパス交換からペナルティエリアに侵入を試みるも、パスカットに遭いクリアされかけるが、そのボールを小野瀬が奪って強烈なミドルシュートを放つと、このボールがクロスバーを叩きゴールはならなかったが、そのこぼれ球を渡邉が拾ってゴールに押し込み先制ゴールを奪う。

幸先よくリードしたガンバだったが、その後の試合展開はポゼッション優位でゴールに迫る川崎相手に、終始守勢を強いられる時間が続く。

その後は矢島のミドルシュートや倉田のボレーシュートでゴールを狙うものの、少ないチャンスを活かすことはできず、試合は1-0、ガンバ大阪リードで折り返す。

川崎が守田⇒田中で交代カードを切って始まった後半は、前半から変わらず攻撃の手を緩めない川崎に押し込まれるガンバ。すると51分。
左サイドの突破を許すとゴール前にクロスを上げられ、そのこぼれ球を川崎・大島に押し込まれて失点。
後半開始早々に同点に追いつかれてしまう嫌な展開を招くと、続けて63分。
ペナルティエリア右から川崎に侵入を許し、最後は川崎・レアンドロ ダミアンにゴールを決められ失点。リードしていた展開が一転、追いかける立場に。
しかしガンバも直後の65分。
右サイド小野瀬がペナルティエリア付近で上げたクロスに倉田がヘディングシュートを突き刺してすぐさま貴重な同点弾を挙げる。
だがこのプレーで頭部を負傷した倉田が、そのままプレー続行不可能となり、68分に髙江と交代。

試合は両チーム得点なく80分を過ぎると、川崎の攻勢も弱まりガンバも徐々にボールを握れるように。
すると87分には渡邉に代えてパトリックを投入し、勝ち越しゴールを狙いに攻勢を強めに行く。
7分間与えられたアディショナルタイムには、そのパトリックを活かしてセットプレーからゴールを狙いに行くものの、最後までゴールを割ることができず2-2で試合終了。
勝ち点1を獲得し、順位を9位まで上げた。