ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.8.31[チーム]

2019明治安田生命J1 第25節●1-3 横浜FM@ニッパツ

一つ後のニュース

J1第25節はアウェイで3位・横浜FMと対戦。
横浜FMは前節、名古屋を相手に5発快勝。スピードある前線の選手を活かした縦に速い迫力ある攻撃的サッカーを展開してくる。
それに対してガンバ大阪はスタメンにインサイドハーフとして矢島を起用。そしてFWは宇佐美、アデミウソン。ハイライン、ハイプレッシャーのマリノスのサッカーを上手くいなしながら、DFライン背後にある広大なスペースを活用したい戦いとなった。

試合はポゼッションで勝るマリノスを相手に、ガンバは5-3-2のフォーメーションで自陣に引いて守りカウンター狙い。
アンカーに入った井手口が楔のパスを奪いカウンターに転じる場面もあるが、攻撃に出た際に空いた両WBの裏のスペースを、マリノスの両ワイド・マテウス、エリキにスピードを活かして押し込まれる場面が続く。

一方ガンバはこの日右サイドの小野瀬を中心とした攻撃。
ショートカウンターから右サイドで小野瀬が縦に仕掛けCKを獲得したり、相手陣内深くまで侵入したりする場面が目立つ。

なかなか決定機を作りだせず、最終ラインまでフィールドプレーヤー全員が相手陣内に入って攻め込むマリノスに対して我慢の時間が続くが、31分。
矢島が自陣でボール奪取から右サイドの小野瀬とのパス交換で中盤までボールを運ぶと、中央の宇佐美を経由して左サイドの福田へ展開。その福田がフリーのままペナルティエリア付近までドリブルで持ち上がり、右足を振り抜き鋭いシュートを放つが、ボールはゴールポストを叩き惜しくも先制ならず。

すると逆に39分。右サイドで細かくパスを繋がれ中央のティーラトンにボールが渡ると、そのティーラトンがペナルティエリア外から左足で鋭いミドルシュートを放ち、これにはGK東口も反応できずゴールを許し、先制点を奪われ1-0で試合を折り返す。

前半に数は多くはないものの、狙いとする相手ディフェンスラインの背後を突いて決定機を作り出したガンバは、選手交代無く後半開始。

48分にはアデミウソンが、52分には宇佐美がショートカウンターからシュートを放ち、後半は立ち上がりからガンバが攻勢を強めていく。
しかし、ガンバに流れが来かけたかに思えたのもつかの間。迎えた53分に、ロングボールに反応したマリノス・仲川の対応で東口が飛び出すが、ボールをクリアし切れず、ペナルティアーク付近でフリーとなっていたマリノス・マルコス ジュニオールにボールが渡り、それを落ち着いてゴールに沈められ手痛い失点。後半開始早々に2点ビハインドとなる。

するとガンバは58分、倉田に代えて遠藤を、矢島に代えてパトリックを同時に投入。
フォーメーションを4-4-2に変更して、パトリック・宇佐美が2トップ。中盤は遠藤・井手口がコンビを組む。

この交代が功を奏したか、67分。小野瀬がペナルティエリ手前からドリブルで相手DFをかわしてゴール前まで迫ると、最後は左足を振り抜きゴール。待望の得点で1点差に迫る。

その後も攻勢を強めるガンバは73分。
自陣深くでボールを奪い、井手口が中盤でボールを落ち着かせ遠藤へボールを渡すと、遠藤から左サイドでワイドに張ったアデミウソンを狙ったロングフィードが通り、パスを受けたアデミウソンがドリブルで持ち上がってシュートを放つがこれもポストに嫌われゴールならず。
76分にも右サイドで相手DFの背後を取った小野瀬へスルーパスが通り、ゴール前へクロスを上げるとパトリックがヘディングで合わせゴールを割るが、オフサイドを取られこれも得点ならず。

すると直後の78分だった。マリノス・仲川が左足で放ったシュートがポストにはね返され、一度はガンバがこぼれ球を拾うが、再び奪われると、最後は左でボールを受けたマリノス・遠藤にシュートを許し、これがゴール左に隅に決まり再び2点差で万事休す。

その後もオープンな展開の中、何度もゴールを目指したガンバだったが、終盤で喫した1点が重くのしかかり1-3で試合終了。
リーグ戦7試合ぶりの敗戦を喫した。