ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.8.14[チーム]

第99回天皇杯3回戦 ●0-2 法政大学@味フィ西

一つ後のニュース

天皇杯3回戦。2回戦ではJ3・讃岐を相手に7-1で快勝したガンバ大阪は、3回戦で東京ヴェルディを2-0で下し、全日本大学サッカー選手権王者でもある法政大学と味の素フィールド西が丘にて対戦した。

試合のスタメンは、鈴木が移籍後初、そして井手口が復帰後初となる先発出場を果たし、この日は遠藤、渡邉が前線で出場した。

試合は立ち上がりから法政大学の前線からのプレッシングに押され、自陣深くでボールを失いシュートを許す危ない場面があるが、東口のセーブでゴールを守る。
6分にはその東口からビルドアップを開始。プレスに来た相手を小野瀬、井手口のパスワークで右サイドを突破すると、小野瀬が中央へ折り返したボールに鈴木が合わせ、ファーストシュートを放つがボールは枠外となり先制点は奪えない。

前線から豊富な運動量でアグレッシブなプレーを見せる法政に対し、ビルドアップでジリジリと攻めていくが、この日トップに入った渡邉にボールがなかなか収まらず全体を押し上げることが出来ない。

15分過ぎからは最終ラインでボールを繋ぎゲームをゆっくりコントロールしていくガンバ。
試合の流れを掴むためにも是が非でも先制したい所だったが、飲水タイム明けの24分。
一瞬の隙を突かれたガンバは法政大・大西にグラウンダー気味のシュートをゴール右隅に沈められ、逆に先制点を与えてしまう。

1点ビハインドとなったガンバは、早々に1点返したいところだったが、決定的な場面を作り出すことができず0-1で試合を折り返す。

井手口に代えて倉田をピッチに送り始まった後半は、開始から法政が猛攻を仕掛ける。
51分、52分と続けてボールを競り合いの中奪われシュートを許すが、どちらも東口がファインセーブを見せチームを鼓舞。
ガンバは交代で入って倉田の推進力を軸に、迫力ある攻撃を展開。
相手ペナルティエリア付近まで度々攻め上がるが、シュートを打つまでなかなか至らない。

58分には遠藤に代えて宇佐美を投入。インサイドハーフに入った宇佐美からのサイドチェンジや前線への浮き球のパスで攻撃を組み立てる。
しかし、1点が重くのしかかる71分。CKから法政大学・森岡にゴール前で頭で押し込まれまさかの失点で突き放され、残り20分を切り2点ビハインドの苦しい展開を招く。

直後の72分。福田に代えてアデミウソンを投入。さらに攻勢を強めゴールに迫りに行くが自陣に引いて守りカウンターを狙う法政を相手に、攻撃をシュートで終わることができず時間が経過。アディショナルタイムの5分も最後まで相手ゴールを割ることができずタイムアップ。
第99回目の天皇杯は3回戦で敗退。タイトルには届かなかった。