ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.11.15[チーム]

[WE ARE GAMBA OSAKA 2021]MF15 井手口 陽介

一つ後のニュース

  • 2014シーズン、カップ戦でトップチーム初出場を果たす
  • 2016シーズンにはルヴァンカップニューヒーロー賞、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞
  • 海外移籍を経て2019シーズンにガンバへ復帰
  • 「毎年のように上位を争えるチームになりたい」
19年から、様々なシーンを通してガンバ大阪との『絆』を紹介してきた『WE ARE GAMBA OSAKA』。シリーズ3年目を迎えた今シーズンは、ガンバ大阪とのつながりを強くした『決断』『決意』の瞬間に触れ、今に至るまでの自身の変化や、心の動きをたどる。

「自分に納得のいくプレーはほぼ出来なかった」
井手口陽介の言葉が、今シーズンのガンバの戦いを物語る。
異例の21連戦を含め、様々なアクシデントに直面しながらそれをチーム全員で乗り越えてきたことや、35節・大分トリニータ戦で残留を決められたことへの安堵感はある。だが、悔しさがそれを上回った。
「ここにきてようやく、強度の高い練習でコンディションを上げながら、同じ絵を描いてサッカーをできるようになってきたことが残留につながったとは思います。ただ、正直、そのサッカーは自分たちの理想とするスタイルではなく、現実的な順位を考えて手堅く勝点を積み上げるためのもの。もっと自分たちがボールを持って、押し込む時間を長くしたいし、そのためには個人的にももっと攻撃に絡んでいかなければいけない。裏を返せばボランチを預かる僕らがそれをできないと、ガンバは理想のサッカーには近づけないとも思う。そういう意味で今年は自分にもどかしさを感じることが多かった」
 ジュニアユースチームに始まったガンバでのキャリアにおいて『ボランチ』がガンバのサッカーをコントロールする歴史を見てきたからだろう。その役割を担う自分をイメージして14年にプロキャリアをスタートさせた。もっとも、当初は日本代表クラスのライバルとの差を痛感させられることも多かったがプロ3年目に突入した頃から、試合を重ねる毎に「やりきった感」を得られることが増え、自分のプレーが加速していくのを実感できるようになった。
「課題はありましたけど、周りの選手に引っ張ってもらってノビノビとプレーしながら、それが自分の成長や結果につながる試合が増えていっているなという手応えはありました」
その事実は初めての海外移籍にも繋がったが、19年夏にガンバに復帰してからは、逆に自分への物足りなさを感じることが多かったという。
「去年は、チームの調子がいい時には攻守に自分らしく戦えていたけど、チームの調子が悪い時は…それは今年もそうですけど、自分もその空気に巻き込まれてしまうことが多かった。でも理想は、ヤットさん(遠藤保仁)のようにチームの流れが悪い時にこそ、それを修正したり、落ち着かせるといった『舵取り』を安定してできるようになること。そこはガンバのボランチとして試合に出続けるには不可欠だと思っています」
引っ張られる側から引っ張る側へ――。年齢を重ね、立場を変える中で芽生えた自覚は、上位を争うチームへの回帰とタイトルを目指せばこそ、だ。
「生え抜きとはいえ、一度離れたクラブに戻るのは簡単じゃないのに、19年夏にガンバに快く受け入れてもらえてホンマにありがたかった。その恩は自分がチームを引っ張っていく存在になって、より多くの勝利につなげていくことで返したい。近年はシーズンごとの波も激しいけど、毎年のように上位を争えるチームになりたいし、その楽しさを経験することでしか得られない経験値を自分やチームの力にしながら『タイトル』につなげていくのが理想です」
 もちろん、自身もそのど真ん中で輝きながら。


Interview and text by Misa Takamura

Back Number
特命広報大使 加地亮
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12965/

FW39 宇佐美 貴史
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12926/

取締役 和田 昌裕
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12846/

DF4 藤春 廣輝
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12824/

DF24 黒川 圭介
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12757/

DF19 キム ヨングォン
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12726/

GKコーチ 松代 直樹
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12692/

DF13 菅沼 駿哉
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12663/

監督 松波 正信
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12608/

MF17 奥野 耕平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12526/

アカデミーストライカーコーチ 大黒 将志
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12391/

FW18 パトリック
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12341/

DF3 昌子 源
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12331/

MF29 山本 悠樹
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12264/

FW34 川﨑 修平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12224/

MF21 矢島 慎也
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12148/

DF5 三浦 弦太
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12106/