ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.10.1[チーム]

[プレビュー]30周年の節目を勝利で飾るのみ。札幌相手にガンバが連勝だけを目指す

一つ後のニュース

今季、様々な困難を乗り越えてきたガンバだが、柏戦では連敗を4でストップし、13位に浮上した。
課題でもあったセットプレーから今季初めて2得点を叩き出し、エースの宇佐美が1得点1アシストで躍動。「勝利に関してはポジティブな感じだが、内容は改善しないといけない」と松波監督は、早くも次に視線を切り替えている。
公式戦ホーム3連戦の締めくくりとなる札幌戦は、ガンバに関わる全ての人にとって特別な歴史の節目になる。「30周年記念マッチ」と銘打たれた一戦は、ガンバがサポーターと共に歩んできた30年間を祝う瞬間になるが、チームが目指すのはもちろん、勝利のみである。

柏戦では中3日の連戦だったこともあり、本来目指す前線からのアグレッシブな守備を必ずしも見せきれなかったガンバだが、札幌戦で不可欠になるのは攻守両面におけるハードワークである。「スタートからアグレッシブにボールを奪いに行きたい」と松波監督が言えば、藤春も「柏戦は、全員がハードワークして勝てた試合。それを継続しないと下のチームを引き離せない」と気合い十分だ。
現在12位の札幌に対して、受け身になることは禁物だ。直近の6試合は1勝5敗、敗れている5つの試合は全て無得点という状態の札幌ではあるが見せているサッカーは決して侮れない。「札幌はボールを動かすのが上手いし、チャンスは毎試合作っている。ファーストチャンスをしっかりとボックスに入れさせないことと、先制点が非常に大きいポイントになる」と松波監督も警戒感を口にするが、札幌ならではのボールの動かし方は健在だ。

7月30日に行われたアウェイの一戦ではボールを支配されながらも2対0で勝ち切っているガンバだが、当時とはチーム状態も異なっているだけに、受け身になることなく、今目指すスタイルをぶつけるのみである。
連敗中の札幌だが、守備が必ずしも大崩れしているわけではない。ただ「前から守備でハメて、前で奪えればチャンスになる。札幌は人に対して激しく来るが1つ外すとチャンスになる」(藤春)。
天皇杯の湘南戦ではハイプレスで主導権を握ったガンバだが、パトリックや好調の宇佐美らの強みを生かすべく立ち上がりからのハードワークで主導権を握りたい。前節大車輪の活躍を見せた宇佐美だが、今季まだ2戦連発がないだけに、サポーターの前でその輝きを見せてくれるはずだ。
「ホームで試合がやれるし、サポーターと一緒に戦いたい」(藤春)。
クラブを支えてきたサポーターとともに戦い、そしてともに勝利を掴み取る。