ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.8.30[チーム]

[WE ARE GAMBA OSAKA 2021]DF19 キム ヨングォン

一つ後のニュース

  • 2019シーズンのJ1リーグ開幕戦でガンバデビュー
  • 2020シーズン、2位に躍進したチームを支えた
  • 「時間が経つごとに、選手同士、スタッフとの心の距離はより近くなっています」
  • 「『タイトル』をガンバにもたらすことが自分の責任の1つだとも思っています」と語る
19年から、様々なシーンを通してガンバ大阪との『絆』を紹介してきた『WE ARE GAMBA OSAKA』。シリーズ3年目を迎えた今シーズンは、ガンバ大阪とのつながりを強くした『決断』『決意』の瞬間に触れ、今に至るまでの自身の変化や、心の動きをたどる。

 対人の強さ、安定感、足元の技術、ビルドアップ能力。キム ヨングォンがピッチで示すパフォーマンスの全てに、そのキャリアが透けて見える。韓国代表では2度のワールドカップを経験。7シーズンに渡って在籍した前所属の広州恒大FCでは、在籍中、6度のリーグ制覇を実現し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも2度、アジアチャンピオンになった。その経験をもってすれば、今の『連戦』も「そこまで気にならない」と涼しい顔。もっとも、愛する家族と離れて暮らす寂しさは今も続いているが。
「広州恒大時代も含め、代表戦を並行して戦っている選手は、どうしても『連戦』を避けられない。そういう意味ではこれまでのキャリアで今のような状況を何度か経験してきたので、そこまで体やフィジカル面に気を遣ったり、神経を尖らせることはないです。ただ、ACL後もバブルを形成した生活が続いて、メンタル的に閉じ込められている感覚の中で試合をするのは正直、難しかったし、そこを乗り越えてからも、未だに家族が来日出来ない状況にあるのはとても寂しい。毎日、テレビ電話で話していますが、1日も早く会いたいです」
 その寂しさを紛らわせる、もう1つの『ホーム』が、ガンバだ。19年に加入して今年で3シーズン目。ここで過ごした年月は彼に居心地の良さと安心感を与えている。
「ガンバに所属した瞬間から、僕はこのクラブと密接した関係にあると思っていますが、時間が経つごとに、選手同士、スタッフとの心の距離はより近くなっていますし、自然と僕にとっての『安心できる場所』になりました」
 ピッチに立つ上で、常に心がけているのは、試合を観てくれているファン・サポーターの心にインパクトを刻める存在であること。
「試合を観た人に、『あの選手は誰よりも一生懸命プレーしていて、誰よりもいいプレーをしているな』という印象が残る選手でありたい」
 仮にサッカーや選手について詳しくなくても、その印象を残すことができれば、「また観たい」という感情につながり、ひいてはサッカーを楽しむこと、ガンバを好きになることへの第一歩になるからだ。もちろん、勝負の世界では『結果』もまた楽しさ、面白さを増幅させる大きな要素だからこそ、『勝利』への欲もしっかりと携えて。
「もともと、僕は攻撃的なサッカーが好きだし、サッカーは11人で結果を求めるスポーツですからね。守備も前線からの助けが必要なように、攻撃の際には攻撃陣に任せっきりにするのではなく、ビルドアップなどでも貢献したいと思っています。ただ、守備の一員としてピッチに立つ以上、90分を通して『無失点』を貫くことが第一の仕事だと考えているし、チームが結果を求めるためにも守備の安定は不可欠だと思っています。今シーズンのACLは悔しい結果に終わりましたが、カップ戦も含めて『タイトル』の可能性はまだ残されています。個人的にはこれまで、Jリーグでの『タイトル』を掴めていないからこそ、この先もそこに拘って戦いたいし、『タイトル』をガンバにもたらすことが自分の責任の1つだとも思っています」
 力強い言葉が、光った。


Interview and text by Misa Takamura

Back Number
GKコーチ 松代 直樹
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12692/

DF13 菅沼 駿哉
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12663/

監督 松波 正信
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12608/

MF17 奥野 耕平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12526/

アカデミーストライカーコーチ 大黒 将志
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12391/

FW18 パトリック
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12341/

DF3 昌子 源
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12331/

MF29 山本 悠樹
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12264/

FW34 川﨑 修平
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12224/

MF21 矢島 慎也
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12148/

DF5 三浦 弦太
https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/12106/