ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.2.20[チーム]

FUJI XEROX SUPER CUP 2021 ●2-3 川崎F@埼玉

一つ後のニュース

新シーズン幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP2021。昨シーズンJ1リーグと天皇杯を制した2冠王者、川崎Fに対して新生ガンバが挑む。宮本監督はこの試合でキャンプから積み上げた4-3-3のシステムを採用するとGK東口、DF藤春、三浦、菅沼そして小野瀬を右サイドバックで起用。中盤には山本、倉田、井手口、そしてFWに矢島、パトリック、19歳川﨑がトリオを組む新布陣で対川崎Fに臨む。新型コロナウイルスの影響で5,000人の人数制限下での開催となったものの、新シーズンを待ちわびた4,208人の観衆が見守る中、注目の一戦は13:35にキックオフを迎えた。

試合は開始早々、三笘の至近距離からのシュートを東口が防ぐビッグセーブを見せる。さらに9分、川崎FのCKからジョアン シミッチに頭で狙われるがこれも東口が左足でスーパーセーブ!こぼれたボールを谷口に狙われるがこれは枠上へ。立ち上がりから東口が好セーブを連発し、まずは守備からこの試合のリズムを掴む。14分、今度はガンバが中盤でテンポよくボールを回すと、右サイド矢島のクロスをパトリックがオーバーヘッドで狙うがこれは相手GKのセーブに遭い惜しくもゴールとはならず。その後は徐々に川崎Fがボール支配率を高め攻勢に出る展開へ。18分、右サイドでボールを受けた家長が運ぶと左足で狙い澄ましたシュートを放つがこれは僅かに枠を逸れる。29分には川崎F・田中が三浦との競り合いから粘ってパスを送ると、DFラインの背後に抜け出した三笘がこれを落ち着いて蹴り込み川崎Fが先制。前半のうちにリードを許す苦しい展開に。さらに直後の32分、川崎Fに追加点が生まれる。左サイドからのクロスが流れたところから山根がシュート性のクロスを送ると、ゴール前で待ち構えた三笘がプッシュ。先制ゴールから3分後、三笘にこの日2得点目が生まれ、0-2とリードを広げられる。2点のリードを許したまま前半終了を迎え、試合は後半へ。
宮本監督はハーフタイムに「1点獲って流れを変えよう」と前半と同じメンバーをピッチへ送り出す。すると60分、待望のゴールがガンバに生まれる。ゴール前の攻勢からこぼれたボールを山本が頭で繋ぐと、矢島が反転から蹴り込みゴールネットを揺らす。2021シーズンの初ゴールが矢島の左足から生まれ、1-2と1点差に。1点差に迫ったところで川崎Fがこの日最初の選手交代を行う。ジョアン シミッチと脇坂を下げ、塚川と橘田の2人を投入。しかし1点を奪い勢いに乗るガンバは67分。GKから細かくパスを繋ぎ相手ペナルティエリア内に攻め込むと川﨑の浮き球のパスが川崎F・山根のハンドを誘い、PKを獲得。このPKのチャンス、キッカーを務めるパトリックが力強く蹴り込み2-2の同点に追いつく!2点のビハインドから7分間で同点に追いついたガンバ。一気に逆転を狙うガンバは直後に川﨑と矢島を下げ、レアンドロ ペレイラとチアゴ アウベスを投入。期待の新加入ブラジル人コンビがピッチへ入ると、この選手交代で勢いを加速させたガンバがその後も逆転ゴールを狙い続ける。山本のスルーパスからチャンスメイクすると、藤春の右足でのシュートは川崎FDFジェジエウが身体でブロック。直後のCKでは山本のインスイングのキックを菅沼が頭で狙うもこれはわずかに枠上へ。対する川崎Fも72分、レアンドロダミアンと三笘を下げ、小林と長谷川がピッチに。ガンバも80分、パトリックに代え一美を投入。逆転ゴールを狙い、宮本監督が攻撃的な選手を次々ピッチに送り出す。84分には川崎F・鬼木監督も家長に代え遠野を投入し、試合は最終盤の攻防へ。お互いに最後までゴールを狙いにいくと、PK決着を目前かと思われた後半アディショナル+6分だった。川崎Fのカウンターから小林に右足ミドルを許すと、これがゴール左隅に決まり勝ち越しゴールを許し、直後に試合終了のホイッスル。
王者・川崎Fを追い詰めるも最後に突き放され惜敗に終わったガンバ。今シーズンの初戦を勝利で飾ることはできなかったものの、試合後に「見えたものもある」と話した宮本監督。打倒川崎F、そしてタイトル獲得へー今季のガンバの戦いはまだ始まったばかりだ。