ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.9.8[チーム]

Powered by GAMBAplus

2020.9.9(水) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第15節 ●0-3 柏@三協F柏
[プレビュー]J1第15節 連勝の鍵は戦う姿勢。柏の激しさにガンバも真っ向勝負で挑む

一つ後のニュース

リーグ戦で8月は1勝にとどまり、足踏みを強いられたガンバだが「複数得点」を合言葉にした仙台戦では先手を取られながらも、今季最多の4ゴール。巻き返しに向けて、チームが見せたリアクションに宮本監督も「先に点を取られても取り返す、相手を上回る部分を見せられた」と手応えを口にした。

4-1の大勝を支えたのはPKストップで窮地を救った守護神、東口の踏ん張りや押し込まれた時間帯に守備陣が見せた体を張った踏ん張りだ。
「1対1や球際で負けないことは徹底していた」と三浦は仙台戦を振り返ったが、連勝を目指す柏戦で最も重要なポイントが戦う姿勢になる。

「本当に厳しい守備をしてくるチームなので、我々もしっかりと球際で戦えるかが大事になる」と次節を見据えるのは宮本監督だ。
ネルシーニョ監督が率いる柏は昇格組ではあるものの、現在暫定で5位。ガンバより1試合消化が多いものの勝ち点23でガンバと並んでいる。
球際の激しさと、相手の良さを消しにかかるスタイルが決して簡単な相手ではないことは敗れた2月のルヴァンカップの結果でも明らかだ。

とりわけ警戒が必要なのは現在14得点で得点ランクのトップを走るオルンガの存在だ。公式戦2試合で温存されているオルンガは柏の絶対的エースだが、前節、清水に2-1で勝ち切った柏はかつてガンバでもプレーした呉屋がオルンガ不在の2試合で連続ゴール中。その勝負強さを知る三浦も「ゴール前の入り方とか独特の嗅覚が呉屋君の良さ」と警戒感を隠さない。
ポゼッションにこだわらない縦への速さを持つ柏だが、ガンバが体現しつつあるのも、いい守備を鋭い攻めに結実させるスタイルだ。ピッチの至る所で柏との1対1に負けることなく、仙台戦で見せた破壊力を見せつけたい。

注目のマッチアップの一つが、右サイドの攻防だ。今季の得点数はまだ2点だが、ウイングバックやインサイドハーフで攻守を支える小野瀬は、柏のストロングポイントでもある三丸とマッチアップする可能性が濃厚。江坂に次ぐチーム2位のアシスト数3を記録している三丸を「左足のクロスとかフィジカルが優れている」と話す小野瀬だが、守備面でもその献身性が注目される一戦になる。
まだ残暑が厳しい中での連戦だが、ハードワークを売りにする柏に対して走り負けや球際で遅れを取ることは禁物。「次の試合は結果だけでなく内容にもこだわりたい」と三浦は力強く言い切ったが、難敵にアウェイで勝ちきれば、自ずと勢いはつくはずだ。

戦うガンバーー。ハードワーク対決でも一歩も引くつもりはない。