ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • 大建工業(株)
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2020.7.26[チーム]

2020明治安田生命J1 第7節 ○2-0 神戸@ノエスタ

一つ後のニュース

ホーム・パナスタで大分、広島と難敵を相手に連勝を飾り、3試合振りにアウェイに乗り込み迎えた7節神戸戦。
夏場の過酷な3連戦の最後となる試合で宮本監督は前節からスタメン2人を変更。
矢島と小野が先発に復帰、古巣相手に燃える渡邉と神戸に好相性の宇佐美を2トップに据えてスタート。

試合は4分、宇佐美が左サイドでボールを受けるとカットインして右足でシュートを放つ。これは相手GKが指先で触れCKに。
続くCKのチャンスも宇佐美のボールにキムヨングォンが頭で合わせるがシュートは枠を逸れゴールとはならず。

ゴールには結びつかないが、立て続けにシュートを放ち積極的な試合への入りを見せるガンバ。

対する神戸も6分、イニエスタがハーフウェイライン付近でボールを受けると遠目の位置から意表を突いたシュートを放つがこれは枠上へ。

その後ゲームは一進一退の攻防を見せるが、徐々に神戸がペースを握り返す。

31分、古橋に狙われるがこれは三浦がしっかりとブロック。

さらに40分、古橋がボールを持つとカットインから右足でシュートを放たれる。
際どいコースを襲うが、東口がファインセーブでしっかりとゴールを守る。
危険なシーンを作られるが集中して守るガンバ。

前半は両チーム無得点のまま終了。
ともに選手交代はなく後半スタート。

後半も開始から両チーム一進一退の攻防を見せていたが62分、待望の先制点はガンバに生まれる。
髙尾がDFラインからドリブルで持ち上がると、ゴール前へ速いボールを送る。
小野がゴール前に走り込み、滑り込みながらこれに合わせるとシュートがサイドネットに吸い込まれガンバが先制!
小野の移籍後初ゴールが決まり1-0とガンバがリードを奪う。

直後に得点を決めた小野が下がり、倉田がピッチに。
対する神戸も66分に佐々木に代えて郷家が、71分にドウグラスに代えて田中が投入される。
ガンバも75分にDF同士をチェンジ。髙尾に代えてこれがJ1デビューとなる松田がピッチに。

しかし、ここから試合は徐々に神戸ペースに。
同点に追いつきたい神戸は前線で田中がうまく起点になりながら、イニエスタと古橋の連携で積極的に攻撃を仕掛けてくる。

76分と80分に立て続けに神戸・古橋に決定的なシュートを放たれるも、東口がスーパーセーブを連発し、ゴールマウスにしっかりと鍵をかける。

神戸の猛攻に耐えながら迎えた86分、宇佐美がゴール中央でパスを受けると、右足を一閃。
鋭い軌道のミドルシュートがゴールネットに突き刺さる!
宇佐美のスーパーゴールで貴重な追加点を奪い2-0とリードを広げたガンバ!

その後は、パトリック・黒川・山本が同時にピッチに入り、前線から相手にプレスをかけ続け失点もゼロでゲームを終わらせたガンバが4連勝を達成。
アウェイの地でしっかりと勝点3を獲得することができた。