ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.9.4[チーム]

2019YBCルヴァンカッププライムステージ準々決勝第1戦 ○1-0 FC東京@パナスタ

一つ後のニュース

ルヴァンカップでグループステージ、プレーオフステージを勝ち抜きプライムステージに駒を進めたガンバ大阪は、準々決勝でFC東京と対戦。第1戦をホーム・パナソニックスタジアム吹田で迎えた。

試合のスタメンにはこれまで控えが多かった遠藤、パトリック、菅沼、鈴木、髙江が名を連ね、システムをリーグ戦から変更し4-4-2とした。

天候の影響で試合開始が30分後ろ倒しの19:33キックオフとなった試合は、キックオフからガンバが相手陣内でのプレーする。するとさっそく3分。中盤でのパトリックの素早い攻守の切り替えででボールを奪うと、小野瀬がペナルティエリア外で鋭いシュートを放ち、これは相手GKの正面を突きゴールはならなかったものの、直近の試合でゴールを奪った小野瀬がこの日もさっそく存在感を示す。

その後試合はポゼッション優位のガンバに対してカウンター狙いのFC東京の構図に。
時折FC東京に縦に素早い攻撃からペナルティエリア付近まで迫られる場面もあるが、DF陣が身体を張った粘り強い守備で決定機を作らせない。

ゴールが欲しいガンバはパトリックが両サイドに流れて起点を作り、そこに人数をかけて細かいパスを繋いでゴールを目指すものの、FC東京も堅い守備で決定機を作らせてもらえない。

しかし迎えた39分。中盤右サイドで小野瀬がボール奪取。その小野瀬がペナルティエリア右からエリア内へドリブルで切り込み中央へ折り返すと、それに倉田が合わせて先制!
良い時間帯に先制し、1-0で試合を折り返す。

両チーム交代なく始まった後半は、前半同様ポゼッションで勝るガンバ。
51分には髙江がペナルティエリア内で強烈なシュートを放ち相手GKの手を弾くと、そのボールが一度はゴールラインを割ったかに思われゴールの判定となったが、このプレーはルヴァンカッププライムステージから導入されたVARの対象となり審議されると、まさかのゴール取り消しとなり髙江のトップチーム初ゴールは幻のものに。

63分にはFC東京はジャエルに代えてディエゴ オリヴェイラを投入。1-0と僅差の展開の中、強力なFWが投入される。
一方ガンバは67分に小野瀬に代えて宇佐美を投入。宇佐美がFWのポジションに入り、髙江が右サイドハーフにポジションを移す。
続けて71分にはパトリックに代えて渡邉を投入。交代カードを攻撃的な選手で切り、追加点を奪いに行く。
しかしながらゴールを奪えないまま80分を越えると、試合を通して見せていたプレスが弱まり始め、徐々にFC東京がボールを支配され押し込まれる。

89分にはペナルティエリア内でワンツーから抜け出されシュートを打たれかけるが、このピンチをを菅沼が決死のディフェンスでクリアし防ぐ。

VARの介入で長くなったアディショナルタイムの5分は、FC東京のゴール前を狙ったクロスボールに自陣に押し込まれるものの、最後までゴールを割らせることはなく1-0で試合終了。

2戦合計の戦いでアウェイゴールを与えることなく、幸先よく先手を取った