ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2019.7.24[ユース]

第43回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

一つ後のニュース

2019年7月24日(水) 8:45キックオフ

会場:前橋フットボールセンターB

ガンバ大阪ユース 2-0 鹿島アントラーズユース
[前半0-0/後半2-0]

【得点(ガンバY)】
大谷、長尾
【先発メンバー】
 GK 駒井
 DF 奥田、髙橋、西村、久保(賢)
 MF 福井、中野、長尾、食野
 FW 唐山、大谷

【交代】久保(賢)→村上(景)、大谷→久保(勇)、福井→伊勢、唐山→坂本、西村→當麻

クラブユース予選リーグ第3戦は、鹿島アントラーズユース。
相手は引き分け以上で予選突破。キックオフ直後から主導権を握って試合を進める。ガンバ大阪ユースのパスワークから奥田が抜け出しGKと1対1、だがこれは相手GKにキャッチされる。
ボールを握り動かすものの、相手の堅い守備にゴールを奪うことができず、前半を0-0で折り返す。
後半も前半同様、11人でゴール前を固め続ける相手に対して、ゴールを奪うため何度もゴール前にボールを運びチャンスを作る。
ついに後半61分、食野のパスをフリーで受けた唐山の放ったシュートがポストに当たり、その跳ね返りを大谷がゴールに押し込み待望の先制点。
これで相手は前に出てくるしかない中、71分に食野からのパスを受けた長尾が相手を交わし、ゴールに突き刺す。その後は激しい球際とフィジカルコンタクトを武器に攻め込んでくる鹿島の攻撃をチーム全員で跳ね返し2-0で勝利。
初戦を落としたものの、2勝1敗としグループリーグを2位で決勝トーナメント進出を決めることができた。
【ラウンド16】
7月25日(木)9:30キックオフ@前橋フットボールセンターC
vs横浜F・マリノスユース

本日もガンバ大阪ユースに温かいご声援をいただき、ありがとうございました。