ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2019.6.24[ユース]

プレミアリーグ第7節 vsセレッソ大阪U-18

一つ後のニュース

2019年6月23日(日) 18:00キックオフ

会場:OFA万博グラウンド

ガンバ大阪ユース 4-2 セレッソ大阪U-18
[前半0-2/後半4-0]

【得点(ガンバY)】
大谷、久保(勇)、福井、唐山
【先発メンバー】
 GK 王
 DF 大串、大野、西村、村上(景)
 MF 福井、伊勢、中野、久保(勇)
 FW 唐山、大谷

【交代】久保(勇)→中村、大谷→久保(賢)、福井→荻野、大野→當麻、村上(景)

プレミアリーグ第7節は、セレッソ大阪U-18。
大阪ダービー、両チームにとって負けられない戦い。
序盤からお互い激しくボールを奪い合うゲーム。
セレッソ大阪のディフェンスラインを突破しようと細かいパスを繋ぎながら、背後を狙うガンバ大阪ユース。対するセレッソ大阪もFWを起点としサイドを突破しようと仕掛ける展開に。
前半26分右サイドに展開されシュートを打たれて先制点を奪われる。
41分には左サイドから、またしてもシュートを打たれて追加点を奪われ0-2で折り返す。
後半に入り、ガンバ大阪ユースが攻め込む。
後半53分に福井のスルーパスに大谷が反応し、ゴールを奪う。するとその3分後、福井のパスを受けた久保(勇)がドリブルで仕掛け相手をかわし、豪快にネットを揺らし同点ゴール。
74分に伊勢からボールを受けた福井が冷静にシュート、逆転ゴール。
81分には、中村のクロスに反応した唐山が相手DFに倒されPK。このPKを唐山が冷静に決める。
その後はチーム全員がハードワークし最後まで戦い抜き4-2の逆転勝ち。


本日もガンバ大阪ユースに温かいご声援をいただき、ありがとうございました。