ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.18[チーム]

Powered by GAMBAplus

2019.4.20(土) 16:00~ 明治安田生命J1リーグ 第8節 △1-1 大分@パナスタ
[プレビュー]ウィジョ・今野が語るJ1第8節 vs 大分 ― 流れは自分たちで変えるのみ。好調大分をこじ開けて、ホーム初勝利を掴み取る

一つ後のニュース

ガンバにとって試練の時期が続いている。前節は浦和とがっぷり四つに組み合いながらも、終了間際に痛恨の決勝点を献上した。
宮本体制では初となるリーグ戦3連敗を喫したガンバにとって、内容はもちろんのこと、結果が最優先される大分戦だ。

「連敗しているからと言って消極的になるのが一番良くない」(遠藤)。リーグでは2試合連続で無得点に終わっているガンバだが、やはりチームのストロングポイントはアデミウソンとウィジョを擁する前線の破壊力だ。
広島、浦和と3バックを採用する相手を崩しきれていないガンバだが、今節迎え撃つ大分も3バック。守備時には5バックでスペースを消してくる相手ではあるが「引かれても、必ずどこかに穴はある」と遠藤は言い切った。
J2からの昇格組ではあるが、大分は現在リーグ2連勝中で3位。かつてガンバでヘッドコーチを務めた片野坂監督は単なる堅守速攻のチームではなく、自陣からもつなぐスタイルを作りあげている。
破壊力充分なガンバのショートカウンターがハマる相手だけに、攻守が一体となった鋭い攻めで大分を崩し切りたい一戦だ。
「自分たちで流れを変えるしかない」(今野)。泥臭く、そして時にガンバらしく、大分相手にリーグ戦でのホーム初勝利を手にするだけだ。

FW16 ファン ウィジョ「僕らが攻撃に転じた時に僕に対するマークが厳しくなってきて、ガンバに対する守備の仕方は相手チームから研究されているなと感じるが、そこを打開したいですね。そのためにはやはり、連携が大事になってきます。大分のことをしっかりと分析して、どう崩すかをチームの皆で共有しながら、相手の弱点を突くつもりです。何より今季は、ホームでまだ勝てていませんので、ホームで初勝利したいという思いは強いです。まず無失点で試合を進めることを意識し、僕ら前線の選手もしっかりと守備をしてから、先制点を取りたいと思います。」

MF15 今野泰幸「浦和戦について、僕自身はまだ自分のパフォーマンスに満足していませんし、もっと攻撃に絡むことも必要だったと思っています。大分は手堅いサッカーをしてきますし、スタイルをしっかりと持っている強みもあります。ただガンバならば、皆がポジションを取って、ダイレクトプレーを出せば崩せると思います。今、3連敗という状況で結果が出ていませんが、この悪い流れは自分たちの力で変えるしかありませんし、大分戦もとにかく必死にやるだけです。僕個人としてもチームがいい方向に向かうようにハードワークを続けるだけですね。」