ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.3.2[チーム]

2019明治安田J1 第2節 ○4-2清水@アイスタ

一つ後のニュース

リーグ戦第2節は今季最初のアウェイ戦。対峙するは日本代表FWを擁する清水エスパルス。前節で課題にあがった攻撃の緩急と、守備の修正をピッチで示していきたい試合は、今野がスタメン復帰。そして東口がJ1通算250試合出場を果たし幕を開けた。
その試合は立ち上がり、中盤でのボールロストからカウンターを仕掛けられピンチを招くシーンが目立ったが、東口中心に無失点で乗り越えると、最終ラインでボールを握る時間が増え、ポゼッションはガンバに分がある展開に。
だが17分。右サイドからのクロスに清水・北川がニアで潰れて流れたボールをDFが寄せきれず、清水・中村に先制を許してしまう。
変わらずポゼッションで優位に進めるガンバは29分。倉田が相手DFの背後を狙ったパスは左サイドの藤春に通り中央に折り返すと、ウィジョが相手DFを引き付けてできたスペースに走り込んだ小野瀬が冷静に流し込みすかさず同点に!
その後も前線でボールを保持した展開が続き、ロストしても複数人ですぐに奪い返し2次攻撃に転じるなどアグレッシブな攻撃を見せる。
DFも時折ある相手FWの推進力のある個人技に手を焼くが、最後まで粘り強くついていきゴールを割らせず1-1で試合を折り返す。
後半はガンバのゴールラッシュ。
58分。中央のアデミウソンから右サイドのウィジョへ浮き球のパス。そのボールをキープしたまま相手ゴールに迫ると、中央のアデミウソンへ折り返し、それをコントロールショットでゴールに沈め勝ち越すと、70分には再びアデミウソンがガンバゴール裏を沸かせた。ペナルティエリアやや外右サイド寄りからの遠藤のFKを、ニアサイドに飛び込み頭で合わせて追加点!直後の73分には、ジェソクが右サイド高い位置でボール奪取に成功すると、最前線のウィジョへパス。そのままドリブルで持ち上がりニアサイドを鋭く打ち抜き4点目。
試合終了直前にセットプレーから失点はしたものの、終わってみれば大量4得点で今季初勝利&東口のJ1通算250試合出場達成に華を添える試合となった。