ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.5.4[チーム]

2019明治安田生命J1 第10節 △0-0FC東京@パナスタ

一つ後のニュース

前節の仙台戦ではアディショナルタイムに許した痛恨の失点で、リーグ戦では5戦勝利から見放されているガンバ。そんな中迎えたのは首位・FC東京との大一番。GW中の開催ということもありこの日はチケット完売。そしてこの試合でガンバは、ホームでのリーグ戦通算入場者数が700万人を突破した。満員御礼のパナスタで勝利を収め、リーグ戦巻き返しのきっかけを掴みたい一戦は、スタメンに菅沼と高が復帰。ガンバ加入後ほとんどの公式戦でスタメンを飾ってきた三浦がベンチスタートすることになった。
試合の立ち上がりはブロックを敷くFC東京を相手に、比較的押し込む時間が続くガンバ。
その中でも右サイドの小野瀬がキレの良い動きを前線から見せチャンスメイクしていく。
10分にはアデミウソンがボックス内で遠藤とのワンツーからシュートを放つが、これは相手GKのファインセーブに阻まれ先制はならず。しかしそれでも倉田やアデミウソンが相手の最終ラインと中盤の間に顔を出しながら攻撃のリズムを作っていく。
15分には中央やや遠目の位置から遠藤がFKで直接ゴールを狙うが、このボールは相手GKがギリギリで弾きここもゴールを奪うことが出来ない。
守備では20分。左サイドの背後を狙った縦パスを通されゴール前にクロスを上げられると、FC東京・ディエゴ オリヴェイラがシュートを放つが、ここはヨングォンが身体を投げ出すしぶといディフェンスでゴールを守る。
35分にはCKのこぼれ球に倉田が反応しボックス内で鋭いシュートを放つが、相手DFにブロックされ得点ならず、両者譲らないまま試合を折り返す。
ガンバは後半、前半にイエローカードを貰っていた高に代えて今野を投入する。
後半は立ち上がりほど相手陣内に押し込むことが出来ないガンバは、逆にFC東京にチャンスを作られる場面が増えるが、ヨングォンが1対1の強さを見せFC東京の狙いであるカウンターを防いでいく。
52分には中央やや遠目の位置で獲得したFKをウィジョが蹴り、ボールは相手DFに当たり軌道が変わるが、ここも相手GKが素晴らしい反応を見せゴールを奪えない。
後半のガンバのチャンスは64分。右サイドから米倉がゴール前にクロスボールを入れると、ウィジョがフリーで頭で合わせるがボールは枠外で決定機を逃す。
その後75分が過ぎたころには両チームとも疲れが見えてきたか、少々オープンな展開に。
84分にはゴール前で細かいパスを繋がれ、最後は混戦の中シュートを打たれるが、これは東口がラインギリギリで抑えるファインセーブを見せ、この日最大のピンチを脱する。
試合を通して菅沼、ヨングォンのCB陣を中心に相手の強力なFW陣の攻撃をシャットアウトしていただけに、なんとか虎の子の1点を奪い勝利を収めたかったガンバだったが、その後はチャンスを作ることが出来ずに試合終了。
首位を相手に勝ち点1を得ることが出来たものの、6試合リーグ戦未勝利。またしてもホームでのリーグ戦初勝利はお預けとなった。