ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.4.10[チーム]

2019YBCルヴァンカップグループステージ第3節 △1-1清水@アイスタ

一つ後のニュース

ルヴァンカップグループステージ第3節はアウェイ・清水戦。
この試合は先日の広島戦でリーグ今季初連敗を喫したガンバにとって、浮上のきっかけを掴みたい一戦。そして直近2試合で7失点と課題になっている守備の立て直しを図りたい一戦となった。
先発メンバーはボランチが今野と髙江のコンビ、GKに林が抜擢されるなど5試合振りに変更して臨んだ。
試合は開始早々動く。5分。右サイドからの藤本のCKに三浦が頭で合わせゴール左隅にボールを沈め幸先よく先制をすると、この日は立ち上がりから守備陣の集中したプレーが見られ、立ち上がりでの失点は防ぐ。
しかし19分。ゴール前での混戦の中、ゴールライン際で身体を張ったディフェンスを見せていた倉田の手にボールが当たり、このプレーにレッドカードを提示されPKを与えてしまうと、そのPKを決められ嫌な形で同点に追いつかれてしまう。
前半20分が経過しないうちに1人少ない状況でゲームを進めざるを得なくなったガンバは、4-4-2のシステムからアデミウソンを1列下げて4-4-1へ変更。立ち上がりとは打って変わって清水にボールを持たれる時間が続き、我慢の展開を強いられる。
しかしその後も最終ラインが集中して対応しボール跳ね返すと、10人になった後は清水のシュートを2本に抑え退場者を出したものの前半は1-1で折り返す。
後半は両チーム交代無くスタート。
「粘り強く試合を進めて行こう。」とのハーフタイムの宮本監督の言葉通り、同点のまま試合を進め、ワンチャンスを何とか物にしたい後半となった。
先に動いたのは清水ベンチ。59分に一気に交代カードを2枚切ると、交代して入った鄭 大世をターゲットにしたボールが増えてくる。しかしガンバも集中力を途切れさせず、GK林を中心にゴールマウスを守り続ける。
その後もポゼッションで優位な清水が幾度もゴール前でチャンスを作るが、シュートミスにも助けられ粘り強く試合を進め好機を待つと、73分には待望のCKを獲得し、左サイドから髙江が蹴ったボールに、ゴール前での混戦の中今野がダイビングヘッドで合わせるも、これは惜しくも枠外でチャンスを決めきれない。
78分にはゴール前で鄭 大世に頭で合わせられたボールを、林がゴールライン上で相手に接触しながらも抑えるファインセーブを見せる。
そして87分にはガンバこの日最後のチャンスを迎える。相手CKをクリアしカウンターを展開。ボールを受けた藤春が一気に攻め上がるものの、相手陣内深くでボールを逸しシュートまで至らずゲームセット。
この結果でガンバは勝ち点を4に伸ばし、グループステージ暫定2位となった。