ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.9.16[ユース]

≪ユース≫ 「2018 プレミアリーグ ⑬」vsセレッソ大阪U-18 試合結果

一つ後のニュース

2018年9月16日(日) 15:00キックオフ
会場:OFA万博フットボールBグラウンド

【前節までの成績/順位】
7位 ガンバ大阪 勝点17 4勝2敗5分 得点30 失点26 得失点4

ガンバ大阪ユース 2-0 セレッソ大阪U-18
[前半1-0/後半1-0]

【得点(ガンバY)】
足立、原田

【先発メンバー】
 GK 駒井
 DF 岡治、河井、大石、吉木
 MF 岩本、長尾、丹羽、足立、奥野
 FW 原田

【交代】
長尾→國分
足立→川﨑
原田→大谷
岡治→奥田


プレミアリーグ第13節は待ちに待った大阪ダービー。万博にセレッソ大阪を迎えガンバのホームで行われた。
絶対に負けられない戦い。前半立ち上がりから両者ともに激しいボールの奪い合いが繰り広げられる。
体と体がぶつかる音がピッチ上に鳴り響く。お互いにチャンスを作るも体を張った守備でゴールを割らせない。セレッソ大阪のハイプレッシャーにボールを失うシーンもあったが徐々にボールを保持できるようになったガンバ大阪は、前半36分相手の縦パスを大石が潰し、それを拾った河井が岩本へパス。岩本がスムーズに足立へ繋ぎそのまま長い距離を走る。足立はサイドに流れた岩本にパスを出しクロスへ入る。サイドで受けた岩本は2タッチで再び足立へ。ペナルティエリア内でパスを受けた足立はコントロールし左足一閃。GKの脇の下を通り待望の先制点をあげる。その後も追加点を狙いに行くがセレッソ大阪の粘り強い守備に崩し切ることができず1-0で前半を終える。
後半開始から積極的に仕掛けるガンバユースは50分中盤で岩本がボールを奪取し奥野へパスを送るとそのままバイタルエリアに侵入し原田へラストパス。パスを受けた原田は落ち着いて左足1タッチでゴール左隅に流し込み追加点に成功する。試合を決定付けたいガンバユースは緩めることなくゴールへ向かうがあと一歩届かない。セレッソ大阪も猛攻を仕掛けるがGK駒井、大石、河井を中心に高い集中力でゴールを守る。守備を固めながらも追加点を狙うガンバユースは65分國分、76分川崎、82分大谷、88分奥田を投入する。川崎のドリブルや奥田のクロスからチャンスを作るが得点まで繋がらない。しかし最後まで全員でハードワークし、高い集中力で守り抜いたガンバユースが今季初のプレミアリーグ無失点での勝利をあげた。


本日も熱い声援を送ってくれましたサポーターの皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。


『高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/