ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.8.26[ユース]

≪ユース≫ 「2018 プレミアリーグ ⑩」vs名古屋グランパスU-18 試合結果

一つ後のニュース
2018年8月25日(土)
会場:豊田市運動公園球技場

ガンバ大阪ユース 1-1 名古屋グランパスU-18
[前半1-0/後半0-1]

【得点】
ガンバユース 41'原田
名古屋ユース 72'荻野


【先発メンバー】
 GK 駒井
 DF 奥田、河井、大石、吉木
 MF 國分、奥野、岩本、丹羽
 FW 、足立、原田

【交代】
國分→福井、足立→川崎、奥野→長尾、奥田→久保賢侑、原田→大谷

プレミア後期 第10節名古屋グランパス戦

立ち上がり相手の出足の早さと、ボールを中心とした球際の強さに中々攻撃のリズムを作れず、相手のボールを奪ってからの素早い攻撃を受け攻め込まれるも、DF陣の身体を張った守備とGK駒井のセーブで粘り強く守る。ガンバも隙を突き攻め込むも相手守備陣も身体を張りシュートをブロックする展開の中、41分に奥野が原田にパス、センターサークル付近で原田がパスを受け前を向きドリブルで仕掛け相手GKが前に出ていた一瞬の隙をつき35Mのミドルシュートを放ちGKの頭越しにゴールを決めて先制し前半を折り返す。
後半、サイドチェンジを交えながら攻撃しチャンスを作り出すも決定打が奪えない展開。相手もメンバーチェンジで攻撃を活性化しバイタルに侵入しシュートを放つも再三GK駒井のセーブでゴールを奪えずにいたが、71分左CKからニャーに合わされゴールを奪われる。その後両チーム勝ちに行く姿勢を前面に、持ち味を出しゴールに迫るもゴールを奪えないまま終了。勝ち点1を分けあった。

本日もアウェイ、豊田の地に足を運び熱い声援を送って頂いたサポーターの皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。

『高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2018 プレミアリーグ』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u18_premier2018/